オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

吹き抜けのある間取りに‥知っておきたいことは何?


吹き抜け
吹き抜けのある住まいは広く見えて開放感を感じますよね(*´ω`*)
マイホームを建てる際に、吹き抜けの取り入れを検討される方も多いのではないでしょうか?
魅力的な吹き抜けですが、作り方次第では見た目だけでなく効果の方も変わってくるのです。
吹き抜けの検討を考えている方は、この記事をご覧ください。
吹き抜けとは簡単にいうと、天井がなく上下階が繋がったことを指します。
吹き抜けがあるかないかで印象は大きく変わってきます(*´ω`*)
その他にも3つの目的が挙げられます!!
①吹き抜けを通して光が家の奥まで入る明るい住まいにする
②1階・2階の繋がりのある住まいにする
③部屋に開放感を出す
以上の3つが吹き抜けを作る目的として挙げられていることです。
吹き抜けを間取りに取り入れる際、まず確認しておきたいことは大きさについてです。
吹き抜けは家の中に光を入れるという大きな役割があります!!
しかし、そのためにはある程度の大きさが必要となってきます。
吹き抜けの大きさが小さいと効果をあまり感じられないので、大きさは重要となります。
どのくらいの大きさが必要なのか‥それは
吹き抜けの大きさを見る時に注目したいのが「奥行き」と「幅」になります。
奥行きは、特に大切になります(; ・`д・´)
奥行きがしっかりと確保されていなければ、光が1階にあまり届かなくなってしまいます。
できれば1m80㎝くらいの奥行きを確保しておきたいところです。
次に幅ですが、吹き抜けの幅が狭くて奥行きだけ長くてもイマイチな見た目になってしまいます。
幅も奥行きと同じように1m80㎝ほどを確保しましょう。
このくらいのサイズを最低限の大きさとして間取り・要望・敷地条件に合わせて
サイズを大きくするなどの調節をしていきます。
吹き抜けの効果を最大限発揮するには、どのくらいの大きさを確保するかが非常に重要となるのです。
吹き抜けを作る際は、形も必ず確認しておきましょう。
吹き抜けの形は基本的に凸凹にするのではなく、正方形や長方形などのキレイな形が基本となります。
形が凸凹したものだと見た目があまりよくなく、うるさく見えてしまうでしょう。
また、吹き抜けは明るさを取り入れることも大切なのですが
吹き抜けを見上げた際の見え方というのも住まいの雰囲気を決める重要なポイントになります。
吹き抜けの間取りでは形の整った吹き抜けになっているかどうかも確認しましょう。
今回は吹き抜けの間取りについて大切なことについてお伝えしましたが、いかがでしたか?
吹き抜けと言っても大きさや形によって見え方・雰囲気が違ってくるんですね♪♪
はじめにお伝えした吹き抜けの3つの目的が果たされているかを意識しながら
吹き抜けのある住まいを完成させてください('ω')ノ

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552