オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

住まいの修繕がいくつも重なったらどうすればいいの?


リフォーム
いつまでも快適に長くマイホームで暮らしたいものですよね。
しかし築10年以上経つと何かしらのメンテナンス・修繕が必要になってきます(;´Д`)
エアコンや給湯器の設備も耐用年数が10年とされていて、壁紙・フローリングは10~15年で劣化していきます。
屋根や外壁の外回りに関しては材質にもよりますが10年に1度のメンテナンスが必要です。
このように家は建ててから10年ごとに交換やメンテナンス・修繕が必要となってくるのです。
住まいの設備・内外装材は、耐用年数が過ぎたからといって
すぐに住めなくなるわけではありません( ゚Д゚)
多くの場合、耐用年数が過ぎていたとしても使用することができ暮らしに影響はないでしょう。
しかし‥いつ壊れてしまうかわかりません。
耐用年数に合わせた交換やメンテナンス・修繕を行っていなければ
突発的な故障や不具合が起こり、快適さや便利さが失われてしまうでしょう。
また、特に屋根や外壁などの外装はメンテナンス・修繕が遅れるほど
直すのに大掛かりな工事が必要となり工期も費用もかかってしまいます。
そして長く暮らしていくとライフスタイルも変わってきます。
家族が増えたり減ったりして間取り変更を検討したり
老後のためにバリアフリーにしたいなどの要望も出てくるでしょう。
住宅設備・建材は日々性能が向上していて、不満はなくても快適な住まいにするために
設備を変えたり、耐震性・断熱性を高めたいということもあるでしょう。
設備や内外装材が老朽化して修繕の必要となる箇所が重なると
簡単な補修や部分的なリフォームでは手に負えないことがあります。
その場合はリノベーションや建て替えを検討しましょう。
リフォーム・リノベーション・建て替えの違いは何なのでしょうか?
特に厳密な違いはありませんが
住まいの傷んだ部分の修繕や設備の交換など原状に近い状態にする補修工事をリフォームといいます。
これに対して、すべての設備を一新して間取りも大きく変更するなど
住まいの性能・価値を高める大掛かりな改修工事がリノベーションです。
そして建て替えは一度壊して基礎から新しいものを建てることになるので
工期も長くなり費用も高額になります。
土台や基礎の傷みが酷くなければ建て替えでなくリノベーションで済む場合もありますが
見た目では判断することが難しいため、専門家による土台・基礎・耐力壁などの確認が必要になります。
いかがでしたか?
住まいは10年ほど経つと何かしらのメンテナンス・修繕が必要になってきます。
10年経っていなくても不具合や問題が起こった際は
住まい全体の点検をしてもらうようにしましょう(*´ω`*)

住まいのことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552