オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

早急に屋根塗装が必要となる劣化症状


屋根
屋根は定期的に塗り替えを行う必要があるということを
何度もお伝えしているのでもうわかっているという声が聞こえてきそうですね(;´Д`)
塗装は屋根を守る役割を果たしているのですが
経年劣化によって色褪せ・雨漏りなどの症状が現れることもあります。
塗装の劣化が明らかになる目安としては、一般的に10年を過ぎたころからです。
しかし10年というのはあくまでも目安なので、塗装のタイミングを見極めるのであれば
具体的な劣化症状をもとに屋根塗装のタイミングを見極める方法もあります。
1.雨漏り
雨漏りを発見した場合は、早急に業者に連絡をしましょう。
雨漏りが続くと屋根の劣化だけでなく、建物全体の劣化が進行してしまいます。
そしてカビが発生する可能性が高く健康被害の恐れが考えられます。
2.ヒビ割れ
ヒビ割れは主に外部からの衝撃・劣化によって引き起こされます。
●外部からの衝撃
地震や車の通りが多く地面・建物が揺れることなどの外部からの衝撃によって
ヒビ割れが発生したり広がってしまうことがあります。
●劣化
塗膜の保護機能が低くなってしまい、セメント瓦やスレートなどに雨水が染み込んでしまって
乾湿の繰り返しで脆くなってしまってヒビ割れが発生します。
ヒビ割れが発生している部分が一部分であっても
屋根全体の劣化が進行していることがあるので塗装でなく葺き替えが必要となることがあります。
3.剥がれ
剥がれは塗膜の劣化が進行することによって発生してしまいます。
剥がれが発生してしまうと風や雨によって症状の範囲は広がってしまいます。
この症状は屋根が裸の状態になっていて、劣化をきゅげきに進行させることがあるため
早急に業者に点検してもらうことをオススメします。
屋根の劣化症状を確認するためには、屋根にあがる必要があるのですが
経験も知識もなく屋根にあがることは非常に危険です( ゚Д゚)!!
大きな事故になってしまうことがあるので、屋根にあがるのは絶対にやめてください。
上記でお伝えした劣化症状があったり、気になることがあれば
業者に依頼して点検してもらうようにしましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552