オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りの箇所を特定できる散水調査ってなに!?


調査
雨漏りの現地調査は目視による調査が一般的ですが
目視による雨漏り調査は見落としが多く、再発する可能性が高いので注意が必要です。
今回お伝えする散水調査は雨漏りの原因と思われる箇所にホースで水をかけて
実際の雨を再現して雨水の侵入経路を探していく調査です(; ・`д・´)
目視調査と比べて確実性の高い雨漏り調査を行うことができます!!
はじめにお伝えしましたが、散水調査とはホースなどで水をかけて
雨水の侵入ルートを確認する調査のことです。
雨漏りは一般的に目視による調査が行われるのですが、侵入箇所を目視で特定することは困難で
確実に雨漏り修理をするために目視よりも正確に雨漏り原因を特定できる散水調査が実施されます。
「ホースで水をかける」などの単純なものでなく「実際の雨を再現すること」が重要となり
住まいの形状・周辺の環境に合わせて、水の量や向きを調節して実際の雨に近い状況を作ります。
そのため散水調査は建物の構造や雨漏り修理に関する高い知識が必要となります。
目視調査と違い散水調査は有料となる雨漏りの調査方法ですが、オススメの調査方法です。
雨漏りは修理をしても再発してしまう可能性が高いため、はじめの修理で確実に修理を行う必要があります!!
1)調査に時間がかかる
散水調査は雨漏りの原因として疑われる箇所を1箇所づつ水をかけて調査を行います。
そのため調査に時間が半日~1日かかってしまいます。
散水調査を実施している時間は在宅している必要があることを理解しておきましょう。
2)特定できない雨漏りもある
散水調査で全ての雨漏りが特定できるわけではありません!!
中には散水調査で特定できない雨漏りも存在します。
例えば‥雨水が建物内部に侵入しているけれど屋根裏にある断熱材が雨水を吸収してしまい
室内に雨水が落ちてこない場合は散水調査で原因を特定することができません。
このような場合は、赤外線調査と併用して温度変化で雨漏りの侵入ルートを特定します。
散水調査についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?
雨漏りは再発する可能性が高いので、確実に原因を特定して修理を行うことが重要です。
調査費用は発生してしまいますが目視調査よりも確実に特定できるのでオススメの調査方法です。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552