オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

FRP防水のバルコニーをメンテナンスする時期を知ろう。


バルコニー
以前バルコニーのFRP防水についてお伝えしましたが、ご覧になっていただけましたか?
まだという方はこちらをクリックして【バルコニーのFRP防水】ご覧ください。
そして今回お伝えしたいことは以前の続きで
FRP防水のバルコニーのメンテナンス時期についてです(*´ω`*)
いつメンテナンスすればいいのかわからない‥という方に是非ご覧いただきたいです。
バルコニーは日常生活の中で大切な場所のためしっかりとメンテナンスしましょう。
バルコニーのFRP防水は、前回の工事から約10年でメンテナンスが必要になってきます。
中には15年程度持つものもあるのですが、メンテナンスが遅れてしまうと
雨漏りにつながる危険性があるため10年に1度は点検するようにしましょう。
年数で確認するのもいいのですが、劣化状況から判断する方が確実です。
以下がメンテナンスを必要とする劣化状況になります。
●塗装の膨れ
FRP防水の塗装が膨れている現象です。
塗膜の耐久性が限界を迎えている場合に起こりやすくなっています。
放置していると塗装が剥がれてバルコニーの床材の寿命が短くなってしまうでしょう。
●塗装の剥がれ
こちらも塗膜の耐久性が限界を超えている場合に起こりやすいです。
放置していると剥がれて剥き出しになった床材に雨がかかり寿命を縮めてしまいます。
●ヒビ割れ
塗装・床材がひび割れている現象です。
塗装の耐久性が低くなっていると起こりやすいです。
ヒビ割れは軽く見られがちですが、雨水が浸入して雨漏りのリスクを高めます。
●水たまり
バルコニーの床の傾斜に問題がある場合に起こりやすくなっています。
放置していると塗装・床材が劣化して雨漏りにつながる可能性があります。
FRP防水のバルコニーのメンテナンス時期についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
バルコニーを確認して、お伝えしたような劣化状況を発見したら
まずは業者に点検してもらってください(; ・`д・´)
「これくらいなら‥」と放置していると雨漏りを起こして、大規模な工事が必要になることがあります。
費用を抑えるためにも放置せずに点検依頼することをオススメします!!

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552