オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

床下に湿気がこもりがちになるのはどんな住まい?


床下
近年は温暖化の影響で気温が上がって蒸し暑い季節が多くなってきています。
そして、ゲリラ豪雨などの大気が不安定な時期が続くと湿気が溜まりやすくなってしまいます(;´Д`)
床下に湿気がこもってしまうと土台の腐食・シロアリ被害などを引き起こしてしまうのです。
たかが湿気と思っていると大切な住まいが倒壊してしまうかもしれないので注意しましょう。
通常床下は空気の通り道が設けられています。
ベタ基礎の場合、基礎部分と構造体の間に基礎パッキンを挟んで空気の通り道を作り
布基礎の場合は、土台部分に4mに1つ程度の間隔で床下換気口を備えることで空気の通り道を作っています。
このような基礎パッキンや換気口へ自然の風が流れ込むことで
床下の空気が動いて湿気が溜まりにくくなっています。
特にキッチン・浴室・トイレなどの水まわりの下は湿気が高くなりがちです‥。
本来なら自然の風を利用して湿気がこもらないようにするのですが
風の向きを上手に計算していないと湿気が溜まりやすくなってしまいます。
水まわり部分の基礎は、リビングなどと比べるとどうしても細かく区切られることとなり
風が抜けにくくなってしまいがちになります。
1.湿気の多い土地
●もともと田んぼなどの湿地を宅地に転換した土地に立つ家
●窪地や坂の下など周囲と比べて低い場所に立つ家
2.風通しが悪い土地
●風の通りが悪い場所に建つ家
●隣家が近いなどの密集地
3.風の通りを妨げている
●換気口の前に常にエアコンの室外機や荷物が置いてある家
●床下に人が入れないほど基礎が低い家(低いと空気が流れにくくなる)
普段はあまり見ることのない床下ですが、湿気が溜まったままになっていると
建物はもちろん住んでいる方にもダメージを与えてしまいます( ゚Д゚)!!
まずは床下の湿度がドンくらいあるのかを知ることから始めてみましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552