オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

DIYで行うベランダの塗装


DIY
「業者に依頼するとお金がかかるから、自分で塗装をしよう」と思われている方も多いです。
DIYに慣れている方は時間をかけて丁寧に行えば塗装を成功させることができるでしょう。
しかし、失敗してしまうと防水施工の時に防水層を全て撤去してやり直す可能性があります。
もちろん費用はグンと高くなってしまうでしょう(;´Д`)
今回はベランダの塗装を自分で行う方法と注意点をお伝えします。
DIYでベランダの塗装をしようと考えている際
まずはじめに現在ベランダがどのような塗装をされているのか把握しなければなりません。
ベランダの塗装状態によって適している塗装方法は異なってきます。
●コンクリートが剥き出しのベランダ
コンクリートが剥き出しのベランダであれば、水性塗料で防水塗装を行いましょう。
水性塗料はホームセンターなどで購入することができます。
刷毛を使用して防水塗装専用のプライマーを塗って乾燥させます。
プライマーがしっかりと乾燥していることが確認できれば、その上から防水の水性塗料を塗りましょう。
●FRP防水・ウレタン防水が施されているベランダ
FRP防水やウレタン防水が施されているベランダは
トップコートの塗り替えぐらいならDIYを行うことが可能です。
ただトップコートを塗り替えるためには
サンドペーパー・脱泡ローラー・刷毛の洗浄に使用するアセトンなど多くの材料と道具を揃える必要があります。
また、慎重に行わなければ失敗してしまい業者に依頼することになりコストも大幅にかかるでしょう。
FRP防水やウレタン防水のベランダの場合は、DIYでなく業者に依頼することをオススメします。
●シート防水のベランダ
ベランダに行われている防水施工がシートの場合は、DIYでの塗装はオススメしません。
その理由は、雨漏りが起こっている場合などは既存のシートを剥がして新しいシートにする必要があるからです。
施工に慣れている業者が行えばそれほど難しくないですが、DIYでは難しく技術や知識が必要な工程です。
シート防水を行うには技術や知識が必要となるのでシート防水も業者に依頼するようにしましょう。
●塗装前には必ず高圧洗浄が必要
ベランダの塗装方法に関わらず、防水塗装を施す際は高圧洗浄を行わなければなりません。
表面が汚れたまま塗装をしてしまうと、丁寧に塗装をしたとしてもすぐに剥がれてしまいます。
ホースでの散水はあまり効果がなく、ブラシでこすると表面をキズ付けてしまう可能性があります。
防水塗装をDIYでしようと考えている方は、必ず家庭用の高圧洗浄機を用意しましょう。
●状況に応じて塗料を重ねる
高圧洗浄で下地を整えたら塗装を始めましょう。
基本的に、下地材のプライマーを塗布して中塗り・仕上げ塗りと重ね塗りをして仕上げていきます。
状態によっては耐水性を高めるために複数回重ねて塗る必要があるのですが
ただ厚く塗ればいいわけではありません。
自己判断で塗り重ねた結果、ヒビ割れや亀裂が生じるなど塗装トラブルが起こる可能性があります。
●破損や劣化がある場合のDIY塗装は無駄
ベランダに破損や劣化がる場合はDIYでの塗装は諦めましょう。
簡単そうに思われるヒビ割れの補修ですが、高い技術が必要になる作業です。
きちんとした補修をしないまま塗料を塗っても、またすぐにトラブルが起こるでしょう。
●業者に依頼したほうが安くなることもある
ベランダの塗装をDIYで行う際は、たくさんの道具と材料が必要になります。
そのため思った以上に費用がかかってしまった‥という声をよく耳にします。
家庭用高圧洗浄機がない場合は購入する必要があるのでその費用もかかってきます。
その他にも慣れない作業をするので時間も労力も必要となるでしょう。
費用を抑えようとして安易に行うのはやめておいた方がいいでしょう。
ベランダの症状によって施工内容が変わってくるのがベランダの防水工事です。
劣化や不具合を放置すれば放置するほど補修費用は高額になってきます!!
長く快適に暮らしていくためには早めに補修することが重要となります(*´ω`*)
DIYで塗装などを行う方が増えてきていますが、失敗しないためにも
無理だと感じたらすぐに業者に依頼するようにしましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552