オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

門扉や塀のリフォームするタイミングはいつ?


門扉
エクステリアのリフォームと一言でいってもできることはたくさんあります。
リフォームすることで住まいの印象をガラリと変えることができ
暮らし方にまで影響を与えることもあります(*´ω`*)
そして選ぶ製品や工事方法などによって費用は異なります。
門扉や塀はどのような状態になればリフォームするタイミングと言えるのかお伝えします。
近年の門扉やフェンスは、アルミやスチールなど金属でできているものが多いです。
スチール製のものはサビが発生しやすく、サビが目立ち始めたら交換の時期と言えるでしょう、
約10年程度が交換の目安とされています。
一方アルミはスチールと比べるとサビにくく耐久性もありますが、衝撃に弱いことが挙げられています。
そのため凹みなどが目立つようになってきたら交換のタイミングでしょう!!
ブロック塀は内部に鉄筋が入っていない場合、倒れる危険性が高いので
できるだけ早く新しいブロック塀に交換しましょう。
鉄筋が入っているものでも目地のモルタルやコンクリートブロックが
経年劣化によって鉄筋がサビやすくなってしまいます。
鉄筋がサビてしまうと耐久性が低くなり倒壊してしまう恐れがあります。
塗装などのメンテナンスを10年くらいの周期で行う必要がありますが
表面から白い粉が生じているような現象が起こっていれば
雨水が浸入してコンクリートが劣化している証拠なので早めにリフォームを行いましょう。
木製の塀は自然素材の味わいがあってオシャレですが
3~4年ごとに塗り替えが必要になり手間がかかります。
防腐加工してある製品の場合は10年以上の耐久性を期待することができるでしょう。
樹脂製(プラスチック)の塀は、腐食や色落ちがしにくいものなので
塗り替えなどメンテナンスの手間がかからず長持ちします。
明確ではありませんが10年程度は持つだろうと言われています。
門扉や塀のリフォームするタイミングについてお伝えしましたが、いかがでしたか?
業者を選ぶときは、エクステリアの施工が豊富な業者を選ぶようにしましょう。
そして適したプランで見積もりをしてもらってくださいね(^^)

住まいのことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552