オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

現在の住まいの外壁はサイディングが主流!?


サイディング
マイホームを建てる・リフォームするとなれば、屋根や外壁にどのような材料を使用するかが重要となります。
ナゼ重要なのかというと選ぶ材料によって住まいの印象が大きく変わることと
その後の維持メンテナンスの仕方も変わってくるからです。
特に外壁は面積が大きいので住まいの顔となる部分でもあります(^^)
そのためオシャレな表情づくりができ長持ちするものを選びたいですよね。
現在の住まいで多く採用されている外壁材でサイディングというものがあります。
今回はサイディング外壁についてお伝えしたいと思います!!
サイディングとは、工場で量販されるボード状の外壁材になります。
均質な仕上がりで施工もしやすく工期も短く済むことから
現在では多くの住まいに用いられています。
一言にサイディングといっても主原料によっていくつかの種類があり特徴が異なります。
どのような種類があるのか紹介します♪♪
1.窯業系サイディング
主原料はセメントと繊維で、高温・高圧で形成したものになります。
耐震性・耐火性・遮音性に優れていて国内の新築戸建て使用率はなんと70%を超えているとか‥( ゚Д゚)!!
価格とデザインのバリエーションが豊富で天然石風・タイル調・レンガ調など
様々なテクスチャーや質感のものがあります。
またボードの厚みもバリエーションがあり、厚くなるほど価格は高くなります。
メンテナンスについては塗装の塗り替えと
ボード同士の隙間を埋めるシーリングの打ち替えを定期的に行う必要があります。
メンテナンス時期は新築から7~10年が目安になりますが、グレードによって異なります。
2.金属系サイディング
ガルバリウムやアルミなどの金属板に塗装やエンボス加工によるラインや模様を施し
断熱材で裏打ちした外壁材でガルバリウム鋼板製のものが主流となっています。
断熱工事が同時にできるので工期が短く施工性に優れています。
そして軽量なので耐震性が高く、断熱性・防水性にも優れ
ヒビ割れや凍害が起こりにくく寒冷地でも採用することができます!!
モダンな外観にピッタリでメタリックな表情の商品が人気となっていて
他の素材にはないスタイリッシュなデザインになっています。
3.木質系サイディング
天然木に塗装を施したり、無塗装のまま使用したサイディングになります。
断熱性が高く木の風合いが魅力とされていますが、防火・準防火地域では
防火処理を施したものしか採用することができません。
塗装を施してあるものは5年を目安として塗り替えが必要となります。
外壁サイディング選びは、外観のイメージをどのようにしたいかがポイントになります。
しかし地域によって規制や気候の条件によって、採用できるものに限りがあることがあります。
また、コストの面も大切ですが初期費用が安いとメンテナンスのサイクルが短くなってしまうでしょう。
外壁工事にはたくさんの要素が絡んでくるので業者とよく相談して決めるようにしましょう!!

住まいのことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552