オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレート屋根が古くなってきた…どうするべき?


スレート屋根
戸建て住宅から工場の屋根まで日本のあちこちで幅広く採用されている
スレート屋根をご存知でしょうか?
上記の写真を見ていただけたらわかりますがこちらがスレート屋根です(*´ω`*)
今、日本全国で最も採用されている屋根材といっても過言ではありません!!
滋賀県にお住いのスレート屋根のリフォームを検討されている方は是非ご覧ください。
住宅用屋根材として広く普及しているものに”人工スレート”と呼ばれるものがあります。
人工スレートとはセメントに繊維を混ぜ合わせて薄く平べったい板状に成型し表面を塗装で仕上げたものになります。
そしてスレートにはもう一つ天然石でできた天然スレートと呼ばれるものもあるのですが
非常に高価なもののため一般住宅ではあまり採用されていません。
私たちがよく目にするスレート屋根のほとんどは人工スレートになります(^^)
スレートは軽量なことから耐震性や施工性が高く、塗装するためカラーバリエーションが豊富なことから
モダンな洋風の住宅にすごくマッチするといわれています。
このようなことから現代では多くの住宅に採用されるようになったのです。
スレート屋根の耐用年数は約20~30年とされていますが
塗装によって防水性・耐熱性を持たせているので性能と美観を維持するためにも定期的なメンテナンスは必須です!!
メンテナンスの基本は塗り替えなので塗り替えを行わなければ寿命を縮めてしまうことになります。
このメンテナンスのタイミングは10年に1度なのですが、あくまで目安です。
立地条件など屋根がおかれている環境によって違ってきます。
塗り替えタイミングのサインとして挙げられているのは以下の症状です。
●色褪せ
●カビやコケの発生
●塗膜の剥がれ
●雨漏りの発生
これらの症状が現れているという方はすぐ業者に相談するようにしてください。
雨漏りに関しては、ダメージの度合いによっては塗り替えをしても性能を回復させることができない場合もあります。
ナゼ10年に1度のメンテナンスが必要とされるのか‥と思われていませんか?
その理由は異なる成分を含むスレートの材質にあります。
スレートは雨が降ると多少の雨水を吸収するのですが
夏は高温でこの水分は乾燥し冬は凍結したり溶けたりを繰り返してしまいます。
このことを何度も繰り返されることでスレート中の成分同士の結びつきが弱くなってしまい
ヒビ割れ・欠け・割れ・反りなどを引き起こしてしまうようになるのです。
しかし定期的にメンテナンスをして塗り替えをしていれば
この劣化を遅らせることができ性能も美観も維持することができるでしょう!!
屋根工事は決して安いものではありません。
劣化症状が酷いと大掛かりな工事が必要になってしまうのでより高額な費用となるでしょう(;´Д`)
早めにメンテナンスを行うことで費用を抑えることができるので
何か不具合を感じることがあれば業者に相談されることをオススメします。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552