オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

床材のフローリングにはどのような種類があるの?


フローリング
住まいの内装リフォームというとフローリングの張り替えが人気になります。
フローリングを新しいものに変更するだけで印象を大きく変えることができるでしょう(*´ω`*)
今回はフローリングの種類についてお伝えしようと思います。
滋賀県にお住いの床の張り替えを検討中だという方は是非この記事をご覧ください!!
フローリングと一言でいっても、実際にはたくさんの種類があります。
フローリング材によっては見た目はもちろん機能性も異なるため
どのような部屋にしたいのかを具体化させた上で、フローリング材を選ぶようにしましょう。
1.無垢フローリング
無垢材を使用したフローリングのことを無垢フローリングと言います。
無垢材はひとつの木材から削り出した材料のことで
近年では無垢材を使用した住宅なども人気が出てきているため
ハウスメーカー・リフォーム会社など無垢材をメインに使用していることが多くあります。
無垢フローリングは木材が持つ木の風合いを感じることができ
高級感のある仕上がりで暖かみを演出できることが特徴です。
2.複合フローリング
複合フローリングとは複数の木材を組み合わせて作られたフローリング材のことです。
広く普及しているフローリングで、様々な製品が流通しています。
基材と呼ばれる木材に化粧材を貼り合わせてつくられていて複数の層から成り立っているのが特徴です。
無垢材を比べると安価で断熱性に優れています。
フローリング材を選ぶときは何を基準に選ぶといいのでしょうか?
失敗しないためにも以下のポイントをしっかりと抑えておきましょう。
●ライフスタイルや家族構成を考えて選ぶようにする
自分のことはもちろんですが家族のライフスタイルも考えて選ぶようにしましょう。
小さな子どもがいる家庭では床を引っ掻いたりイタズラしてしまうことが考えられるので
無垢フローリングよりも複合フローリングを選ぶようにしましょう。
お年寄りがいる家庭ではコルクや天然繊維タイルのフローリング材がオススメです。
柔らかいフローリング材のため転倒してしまったことを考えるとケガするリスクを軽減することができるでしょう。
●部屋の用途から選ぶようにする
使用する部屋の用途から選ぶことも大切になります。
洗面所など水に濡れる危険性がある床には複合フローリングは適していません。
水に濡れてしまう場所・湿気が多い床にはクッションフロアや陶器タイルがオススメです。
●部屋の雰囲気で選ぶようにする
機能性だけでなく部屋の雰囲気でフローリング材を選ぶようにしましょう。
毎日過ごす住まいなので雰囲気や見た目も大切な要素と言えるでしょう。
いかがでしたか?
フローリングの種類と選び方についてお伝えしました(*´ω`*)
フローリングにもいくつかの種類があり特徴もそれぞれ違います。
特徴などを把握して部屋に適した床材を選ぶようにしましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552