オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

いぶし瓦ってどんな瓦なの?


瓦屋根
昔から日本の屋根の多くで採用されている瓦ですが、たくさんの種類があることをご存知でしょうか?
滋賀県にも屋根に瓦が採用されている住宅が多くあります(*´ω`*)
瓦の種類で「いぶし瓦」というものがあるのですが
今回はこの「いぶし瓦」についてどのようなものなのかをお伝えしたいと思います。
いぶし瓦は陶器瓦の次に普及されている土系(粘土)の瓦です。
粘土瓦でのシェア率は10%ほどを占めているとされています。
ナゼ、いぶし瓦と呼ばれているのかとお伝えすると
土を焼き締めた後に、燻化(くんか)と呼ばれる蒸す作業が加わることから「いぶし瓦」と呼ばれています。
光があたると白っぽくなる薄い灰色は「いぶし銀」と呼ばれていて
多くの方がイメージする日本瓦はいぶし瓦にあたります。
よくパフォーマンスで行われる瓦割りに使用される瓦もいぶし瓦であることが多いです。
生産地として有名なのは兵庫県の淡路島で、3大瓦の淡路瓦を代表する瓦として親しまれています。
近年はいぶし瓦の色彩に似せて作られた陶器瓦やセメント瓦が普及してきています。
素人の方ではきっと見分けることが難しいでしょう(; ・`д・´)
陶器瓦にはガラスのようなツルツルとした、お茶碗のようなコーティングが施されています。
セメント瓦は、経年と共に色褪せが生じて屋根表面にコケが発生しやすくなっています。
一方いぶし瓦は色褪せしにくくコケも発生しにくいとされています!!
しかし、色ムラが生じてしまいます‥。
いぶし瓦の色合いは味わい深く、色ムラが生じていてもそれもまた一つの味として
考えられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
いぶし瓦専用の塗料が販売されていますが、基本的に塗装は必要ないでしょう。

いぶし瓦は陶器瓦と違って、釉薬のガラス層がありません。
そのため寒さによる凍害・潮風による塩害など吸水の影響を受けやすいです。
しかし、スレート屋根や金属屋根と比べると耐久性は高いでしょう!!
そして日本の伝統的な建築物はいぶし瓦が一番適しているのではないでしょうか。
和風の住まいにしたいと思われている方は、いぶし瓦がオススメです。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552