オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

太陽光パネルが付いた屋根の修理はナゼ高いの?


太陽光パネル
屋根に太陽光パネルを取り付けている住宅が増えてきています(^^)
エネルギーの自給自足だけでなく、投資目的で設置されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
太陽光パネルの設置を検討される前は気になることがたくさんあるかと思います。
今回は屋根業者の視点で太陽光パネル設置に伴うリスクについてお伝えします。
太陽光パネルの設置を検討されている方は是非ご覧ください。
太陽光パネルを設置する業者は、販売を目的としているので
設置する際に業者から屋根のリフォーム費用の説明を受けた方は少ないと思います。
そのためどうしても屋根リフォーム工事が見過ごされがちになってしまいます(;´Д`)
後から太陽光パネルを設置した場合、約10~20年ほどで屋根の改修工事が必要になってきます。
屋根材として採用されているコロニアルは、10年に1度は塗装が必要で
30年ほどで重ね葺き・葺き替えによるリフォームが求められます。
またスレート屋根はリフォームまでの期間が短いとされていて
建築から10~15年ほどで急速に劣化してしまうので
重ね葺き・葺き替えを検討する必要があるとされています。
その際、太陽光パネルが設置された屋根をリフォームするときは
一度太陽光パネルを外して再度取り付けを行わなければならないのです。
太陽光パネルを設置していない屋根リフォームと比べると以下のような負担やデメリットが伴います(; ・`д・´)
●太陽光パネルを取り外す費用
●取り外した太陽光パネルを保管する費用
●新たに太陽光パネルを取り付ける費用
●新しい屋根の専用架台・金具の交換取り付け費用
●メーカーの保証が切れる
●設置業者によるアフターメンテナンスが切れる
屋根のリフォームをする際に、太陽光パネルの有無で費用は大きく変わります。
古いパネルを外して再度設置するため、新しいのを設置する以上に手間がかかってしまいます。
そして重量のある太陽光パネルを取り外すのは大変です。
屋根には傾斜があり、傷んだりコケが発生したりしているため
足元が悪い状態での作業を求められます。
屋根材も変わるため古い金具を使用することができず、新たな金具が必要になります。
また、一度太陽光パネルを外してしまうとメーカー保証が切れてしまいます。
※最低で10年、メーカーによっては20年のものもある
太陽光パネルが多く設置されている住宅では、脱着費用だけで数十万と高額になってしまうこともあります。
このような大きな出費があると、投資資金の回収計画は狂ってしまうでしょう。
以上が、太陽光パネルが設置された屋根の修理が高い理由になります。
これから太陽光パネルの設置を検討されている方は、頭に入れておきましょう。
太陽光パネルの脱着が伴う屋根のリフォームできになることがあれば
街の屋根やさん 滋賀湖南店に相談してください。
すぐに駆け付けお悩みを解決いたします!!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552