オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

住まいの火災対策に備える~防火性能を向上させよう!!


消防車
気象環境・自然環境は常に変動していて、日本でもあらゆる災害が起こっています。
このような状況下で注目されていることが住まいの防災リフォームです(*´ω`*)
以前は防災というと「耐震リフォーム」が主に取り上げられていましたが
地震だけでなく台風・洪水などの自然災害や、火災などのトラブルからも
住まいを守ることの重要性が高くなってきているのです。
今回は火災対策に備えて防火性能を高めるポイントをお伝えしたいと思います!!
火災性能の向上を目的としたリフォームは、近隣家屋からなどの延焼を防ぐものになります。
外部からの延焼に対する防火性能を高めることは
同時に内部火災に対しても、火災が外部へ広がることを抑制してくれることにも繋がるでしょう。
令和元年の建物火災件数は【20,915件】となっています。
2万件以上の建物火災が発生しているため
確率的にも最も注意すべき災害だと言えるのではないでしょうか(; ・`д・´)!!
このようなことから防火対策リフォームは重要度の高い要素となっています。
●屋根の防火性能
都市計画によって屋根の防火性能が定められている地域があります。
このような指定地域内では、防火性能を持った屋根材が使用されていることが大半なのですが
古い建物や指定区域外の建物の場合、防火性能の低い屋根材や構造になっていることがあります。
屋根材や構造の防火性の低い建物には屋根の防火性能を向上させるリフォームが効果的でしょう!!
●外壁の防火性能
屋根と同じで、外壁に関しても防火性能基準に差があります。
しかし火災は、どのような地域であっても起こる可能性がある災害なのです。
防火地域の指定に関わらず、外壁の防火性能が低い建物は
高い防火性能を持った外壁材にリフォームされることをオススメします。
●玄関や窓の防火性能
外壁と共に火災の影響を受けやすいのが、玄関や窓の開口部になります。
玄関は基本的に前面道路に面していることが多いため
防火上の課題となりやすいのが窓になります。
住まいのリフォームを行う際は、一度窓の防火性能を確認してみてください。
防火性能が低い場合は、防火性能を高めるための窓リフォームを検討しましょう。
●軒下の防火性能
火災対策で見落としてしまいがちなのが‥軒下の防火性能です。
屋根や外壁の防火性能は確保されているのに、軒下材の防火性能が低くなっていることがあります。
そのため住まいのリフォームを行う際は、忘れずに軒下材の防火性能も確認するようにしましょう。
防火性能を高めるポイントについてお伝えしましたが、いかがでしたか?
火災トラブルに対して適切な備えをして、被害を最小限に抑えたいものです('ω')ノ
トラブルが起こる前に、防火リフォームを検討してみましょう!!

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552