オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

階段に手すり~DIYでも付けることができるの?


階段
階段の上り下りが大変だと感じはじめたら、階段の手すりの取り付けを考えてみましょう。
高齢者の方が階段で落下や転倒によってケガや事故を起こしてしまうと
今までの生活がしづらくなってしまうことも考えられます(; ・`д・´)
今回は階段に手すりを取りつける際にDIYでもできるのかについてお伝えします。
階段に手すりが付いていない方は是非ご覧ください。
①安全面への配慮
高齢者が住まいの中で転倒や転落をする原因として、階段の段差でつまずいたり
滑るといったことが多く見られます。
打撲や骨折をしてしまい寝たきりの生活になってしまうこともあるので
とっさにつかまることのできる手すりを設置することは事故防止にもなります。
②介護での必要性
足腰の衰えている方にとって、階段の上り下りは大きな負担になってしまいます。
階段がイヤになってしまい家での活動が消極的になってしまう可能性も考えられます。
しかし手すりがあることで移動がスムーズになり
歩行訓練のサポートとしても活躍してくれることでしょう。
③法律による取り決め
建築基準法では、床から1m以上の階段には手すりを設けなければならないと定めています。
法的に見ても階段の両側・片側に手すりが合ったほうがいいでしょう。
階段の手すりの取り付けを考える際に、DIYでの取り付けを考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?
DIYで取り付ける際の注意点や、業者に依頼するメリットについて知りましょう!!
●DIYで手すりを取りつける際の注意点
安定性のある手すりを取り付けるには、壁の奥にある間柱を見極めて取り付けることが重要になります。
手すりは体重をかけて使用するものなので、手すりの負荷が高く
しっかりと間柱に固定できていないと壁が重みに耐えることができずに危険です!!
壁の破損やケガに繋がる恐れがあります( ゚Д゚)
間柱を探すことは、壁紙が張られているため難しいです‥。
また、取り付けには専門道具が必要となることがあります。
工具を一式揃えることも大変になってきます。
●やっぱり業者に任せることが安全・安心
DIYでの取り付けも可能なのですが、安定性のある手すりを取り付けるには
やっぱり業者に依頼して取り付けてもらう方が安心です。
専門工具を使用して、適した高さ角度など計測してくれるでしょう。
間柱の位置や手すりの取り付けができる壁などかも
見極めてくれるので安全面でも安心することができますね♪♪
手すりの太さ‥32~35mm
手すりの高さ‥階段踏み面から700~800mm
太さに関しては、しっかりと握れるような太すぎないものがオススメです!!
そして高さは使用する人の身長を考慮して決めるようにしましょう。
片側だけに取り付ける際は、下りるときの効き手側になるように設置します。
また、階段の途中で手すりが途切れることのないようにしましょう。
手すりの両端を壁側・床側のどちらかに曲げることで、衣類などが引っかかりにくくなり
階段での事故防止に繋げることができるでしょう。
安心で安全な階段にするためにも手すりの設置は重要になります。
DIYでの作業が難しいと感じられる場合は、無理せずに業者に依頼するようにしましょう('ω')ノ
手すりの設置を検討されている方は、まず見積もり依頼をされてみてはいかがでしょうか?

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552