オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

二世帯住宅の間取りの考え方とポイントについて教えます!!


二世帯
近年、高齢化や共働き家族が増えたことで二世帯住宅へのリフォームを検討される方が
多くなってきているように感じられます(; ・`д・´)
しかし、お互いに気を使ったりプライベート空間を分けたくても予算的に難しかったりと
何かと不安もあることかと思います。
そこで今回は二世帯住宅の間取りを考えるポイントをお伝えします!!
二世帯住宅を検討されている方は是非参考にしてみてください。
二世帯住宅を購入したり、リフォームしたりする際の間取りを考えるうえで
軸とするものは何かをまずは考えましょう。
優先順位も決めて予算と相談しながら最適な間取りプランを探してみましょう(*´ω`*)
ポイント① 食事は一緒にするのか
まず二世帯住宅にするうえで決めておかなければならないことが食事についてです。
特に夕食は家族みんなで食べるのでしょうか?
共働きで帰宅時間が遅い家庭なら、食事は各世帯で別々に済ませたほうがいいでしょう。
リビング・ダイニングを一緒にするのかを決めておきましょう。
ポイント② キッチン
食事を二世帯で同じにするのかによってキッチンの共有の仕方も異なってきます。
1つのキッチンでいい・別々に使用したい・ミニキッチンが欲しいなど
キッチンだけでもたくさんの考えがあります。
炊事や洗い物を一緒にする家庭なら2人以上が建てるキッチンがあれば十分でしょう。
キッチンからそれぞれの食卓へ行く際の動線についても考えるようにしましょう。
ポイント③ 浴室・トイレ
浴室やトイレを共有にすると水道や光熱費の節約にも繋がります。
しかし人数が多いとトイレや入浴時間が大変になってしまうことも考えられます‥。
各世帯で浴室を独立させる間取りもありますが
シャワー室だけ別置したり、洗面所と洗濯機だけを世帯別にしたりすることもあります。
水周りだけは不便にならないように使い分ける工夫をしましょう。
ポイント④ 玄関
キッチンや浴室を独立させる場合は、玄関を共有させるのかも決めましょう。
玄関を共有するのか別にするのかで間取りは大きく変わってきます。
玄関を分ける場合は2階に玄関を作り外階段を取り付ける方法などもあります。
その他にも玄関は共有で、勝手口を別々にするという方法もあります。
ポイント⑤ 廊下
玄関を別々に設置する際は、それぞれの廊下を行き来できるようにするのかという点も考えなくてはなりません。
玄関は分かれていても内部で互いのスペースに行き来できるようにすると
家事を手伝う際などは便利になることでしょう。
家族みんなで賑やかに暮らしたいという方や二世帯住宅に抵抗があるという方も
ライフスタイルに合わせて共有度を選択することで、ストレスなく快適に生活できることでしょう。
今回お伝えしたポイントを参考にしながら満足できる住まいをつくりましょう('ω')ノ

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552