オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

いくつもある住宅工法にはどんな種類があるの?


住まい
住まいを建てるとなれば色々と知っておきたいことがありますが、その中でも基本となるのが住宅工法です。
工法は、建物の骨組み(躯体)を造る方法のことを指します('ω')ノ
よく知られているのは従来工法とツーバイフォーですが、実はこの他にもあるのです。
どの工法を選択するかで費用・工期・アフターメンテナンス・リフォームの仕方が異なります。
今回は住宅工法にはどのような種類があるのかについてお伝えしたいと思います。
日本の住まいは木造住宅が一般的ですが、木造住宅と一言で言っても工法には違いがあります。
●従来工法=軸組工法
日本に古くから伝わる建築工法で、日本の住まいづくりでは最も普及している工法になります。
コンクリート基礎の上に土台・柱・梁で骨格を組み上げ
小屋組をつくって屋根を仕上げた後に床や壁をつくります。
後から壁を仕上げるので、開口部を大きくとることができ
間取りや増改築の自由度が高いことが従来工法のメリットとして挙げられます。
耐震対策には土台・柱・梁に囲まれた四角形に筋違いや構造用板を張り付けたり
構造材の接合部を金具で連結するなど方法を用います。
工期の目安としては約6ヵ月ぐらいとされています。
●ツーバイフォー=枠組壁工法
この工法はアメリカ生まれの工法で、1970年代から日本でも普及するようになった工法です。
コンクリートの基礎の上に1階の床を固定して
2✖4インチの製材に、構造用板を張ったパネルで壁を構成した後に2階の床をつくっていくという風に
下から順に箱を組み立てるようにして躯体をつくります。
開口部の大きさ・間取りは限られますが、しっかりした箱型の構想のため
横揺れに強く、耐震性をプラスする必要はありません。
工期の目安としては約3~4ヵ月と短いことが特徴です、
●ログハウス=丸太組工法
基礎の上に丸太などのログ材を垂直に交互にかみ合わせ、水平に重ねてつくる横揺れに強い構造になります。
ログハウスというと、樹脂をはいだだけの丸太で組み上げるイメージをお持ちの方が多いのですが
近年は角型に加工した”角ログ”を採用することが多くなってきています。
工期の目安としては約3~10ヵ月(※ログ材の加工法によって異なる)
木造よりも精度高い工法として以下のような工法があります。
●鉄骨造
柱や梁などに鉄骨を用いて躯体をつくる工法です。
①6mm未満の厚さの鋼材を使用する「軽量鉄骨造」
②6mm以上の厚さの鋼材を使用する「重量鉄骨造」
以上の2つに分けられます。
軽量鉄骨造は、木造と比べると費用は高くなってしまいますが
重量鉄骨造よりは低く工期も短く、開口部の大きさや間取りの自由度が高いことが特徴です。
そして重量鉄骨造は、より頑丈で大きな開口をとることができ
3階以上・賃貸併用住宅などに適しています。
●鉄筋コンクリート造=RC造
柱・梁などの構造体を鉄筋の芯を入れたコンクリートでつくる工法になります。
建物自体が重たくなるため、地盤改良や基礎工事を必要とするため費用は高額になってしまいます。
耐震性・耐火性・防音性に優れていて、耐久性の高い建物をつくることができるのがメリットです。
しかし、費用は高額で工期も長くなってしまいます。
また新築時は設計や開口部などの自由度は高いのですが、後からの変更・増改築が難しいです。
今回は住宅工法の種類についてお伝えしました(^^)
住まいを建てる工法にはたくさんの種類があるということを理解していただけましたか?
その工法を選択するかは予算・工期・地盤の状態などの条件によって異なります。
業者とじっくりと相談しながら理想の住まいにしてください♪♪

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552