オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

屋根からの落雪を防ぐ雪止めは必要?~その理由とは。


雪止め
屋根からの落雪は、思わぬ事故を引き起こしてしまうことがあります。
このようなリスクを少しでも抑えるためにも、屋根リフォームを検討する際は
雪止め金具の設置も考えるようにしましょう。
今回は雪止め金具の必要性についてお伝えしたいと思います。
これから寒い冬本番です!今年はどのくらい雪が積もるのでしょうか((+_+))
雪止めは、屋根に積もった雪が一気に地面に落ちることを防ぐために屋根に設置する設備のことです。
雪が一気に落ちてしまうのをナゼ防がなければならないのかご存知ですか?
実は法律(民法第218条)によって
”土地の所有者は直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根・その他の構造物を設けてはならない”
ということが定められているのです。
直接の記述はないのですが落雪についてもこの法律に抵触する可能性があります。
そのため隣家に落雪の恐れがあるのであれば、何かしらの対策をしておく必要があるでしょう。
実際、毎年落雪による問題は数多く報告されています。
落雪によって庭木の枝が折れたといった小さなトラブルから
車の上に落雪してしまって一部が破損してしまったなどの大きなトラブルまであります。
何も対策をせずに隣家に落雪してしまった場合、不利な立場になってしまうでしょう(;´Д`)
このようなトラブルのリスクを減らすことができるのが雪止めになります。
雪止めは、雪が多い北陸地方のみで必要だと考える方が多いかもしれませんが
降雪が多い地域では逆に雪止めを使用している住まいは少ないです。
豪雪地帯では、屋根に積もる雪が何十トンにもなることがあります( ゚Д゚)!!
そのため雪止め金具では太刀打ちすることができず、金具が曲がってしまったり
雪の重みによって住まい全体に負荷がかかったりしてしまうからです。
また、屋根の雪下ろしは雪を屋根から滑らせて行うので
その際に雪止めが邪魔になって雪が下せなくなってしまうことも挙げられています。
このような理由から豪雪地帯や雪が比較的多い地域の雪止めの設置はあまり向いていないのです。
その一方で雪下ろしが必要なほど雪は降らないけれど、毎年積雪がある地域や
数回ほどゆきが降る地域には雪止めを設置するメリットはいくつかあるのです。
「降っても少ないから大丈夫」と思っていても
ここ近年、温暖化の影響からか今まであまり積雪がなかった地域でドカンと雪が積もることがあります。
首都圏や近畿地方などのあまり雪が降らない地域では、雪に対する対応力が低いです。
降雪が少ないからこそ事前に雪止めを設置して、トラブルや事故を未然に防ぐようにしましょう。
屋根に雪止めが必要な理由について理解してもらえたでしょうか?
屋根のタイプ・形状の違いに応じた様々な種類が登場しています!!
業者と相談して住まいに適した雪止めを設置してもらうようにしましょう('ω')ノ

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552