オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

樹脂サッシとはどのようなもの?


サッシ
日本の住まいの窓にも少しづつ普及し始めている”樹脂サッシ”をご存知でしょうか?
断熱性の高さで注目されつつあるサッシなんです。
今回は樹脂サッシの優れた点などをお伝えしたいと思います。
現在主流となっているアルミサッシとの違いは何なのでしょうか。
樹脂は別名「塩化ビニール樹脂」とも呼ばれているものになります。
フライパンの取っ手などにもよく使用されているものです。
”樹脂サッシ”とは、その樹脂をフレームとして利用している窓のことを指します。
ドイツの化学会社が、寒さに強く省エネに繋がることを目的として製造したのが始まりとされています(^^)
樹脂サッシは断熱性・気密性が高いため、北米や北欧などの寒冷地を就寝に普及しています。
日本の戸建て住宅でも北海道で90%が樹脂サッシを採用しているようです。
しかし本州にはあまり行き渡っていないのが現状で
日本全体の樹脂サッシ普及率を見てみると7%ほどです‥。
日本以外での樹脂サッシ普及率は
韓国80%でアメリカやイギリスでは60~70%と半分以上の世帯に広まっているんです!!
●断熱性の高さ
樹脂サッシの一番の特徴とされているのが断熱性の高さです。
樹脂そのものが熱を伝えにくい材質であることが理由とされています。
アルミと比べると熱伝導率が1000分の1と非常に低いので
樹脂サッシの方が非常に優れていると言えるでしょう。
実験結果では、樹脂サッシの家はアルミサッシの家に比べて
室内温度が夏は2℃低く冬は4℃高くなるという結果が出ています。
最近ではペアガラスのサッシも多く、ガラスとガラスの間に生まれる層が
更に熱の出入りを防ぐ仕組みになっています。
●結露が生じにくい
断熱性が高いということは、冬の冷気が室内に伝わりにくいということです。
そのため樹脂サッシは外気との温度差によって生じる結露にも
あまり悩まされる心配がないでしょう。
結露が生じにくいということはカビやダニの発生を防ぐことにも繋がります。
●デザインが豊富
樹脂は加工や着色がしやすいため、たくさんのデザインに柔軟に対応することができます。
一般的な引き違い窓はもちろんのこと滑り出し窓・上げ下げ窓・外開き窓など
和洋どちらの住まいでも合うデザインにすることができます。
●防音効果がある
気密性に優れているので、外部の音が室内に入ってきたり音が外部に漏れたりすることを防ぐため
断熱だけでなく遮音にも効果を発揮してくれます。
先ほどもお伝えしましたが、ペアガラスを採用しているものが多いので
このガラスの構造が更に遮音性を高めてくれます。
●強度がないので重たくなってしまう
樹脂サッシにはアルミサッシほどの強度がないので
厚みを出すことで強度を高くしています。
そのため、重たくなり窓を開閉する際に重みを感じてしまうでしょう。
ただ最近は、フレームを薄くしたサッシも登場しているので
このデメリットは少しづつ解消されてきています。
●紫外線に弱い
樹脂サッシは紫外線に弱いとされています。
しかしこれは、アルミサッシと比べると紫外線に弱いという意味になります!!
環境やメンテナンスの状態によっては30年ほど品質を維持することができるため
そこまでデメリットとして考えなくてもいのかもしれません。
日が強く当たる場所には適していないので設置橋に関しては考慮しておくと安心でしょう。
●価格が高い
オール樹脂サッシの場合はアルミサッシの2倍ほど高額になるとされています。
これは樹脂サッシの取り扱いに慣れていない業者では
仕入れ作業自体に負担がかかってしまうことが多いためです。
まずリフォームしたい内容・予算に合わせて複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。
寒冷地に適した窓というイメージが強い樹脂サッシですが
どのような住まいにも活かすことができるものです('ω')ノ
これからどんどんと普及が進むとされているので、早めに窓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552