オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

木部に塗装を施す前に知っておくべきこととは?


木部
木部の塗装を成功させるためには、木部塗装についての基礎知識が必要になります。
木部塗装をこれから行おうとしている方は是非この記事を参考にして
塗装を成功させてください(*´ω`*)♪♪
今回は木部を塗装する注意点や塗装の流れなどについてお伝えしたいと思います。
■木材には調湿機能がある
木材には、金属やコンクリートが素材の建材とは違い調湿機能があります。
この調湿機能は湿気を吸い取ったり、放出したりして材木内部の水分を調節する機能のことを指します。
木材を建材として使用すると、湿度が高いときは室内の湿気を吸収して
少ないときは放出して室内の湿度を快適な状態にしてくれることでしょう。
■木部の塗装の必要性
木部は水分を含んでしまうと劣化しやすいという特徴があります。
そのため木材の劣化を防ぐために防水機能のある塗料で塗装をする必要があるんです。
塗装をしないと木材が水分を吸い込んでしまいカビが生じてしまったり
割れやすくなってしまったりしてしまいます。
更に木材の内部にまで水分が浸透してしまうと
内部の建材まで劣化が進行してしまうので注意が必要です。
外装の木部の塗装をする場合は、より強度の高い塗料にする必要があります。
目的に適したタイプの塗料で塗装をして建材を守りましょう!!
■木部塗装は難しい
上記でお伝えしたように木部は水分を吸収する性質があるため
一般的な外壁や内壁と比べると塗装が難しいです。
塗装を成功させるためには経験と技術が必要になってくるでしょう。
塗装をする前の下処理に関しても他の素材よりも手間がかかることが多いです。
下処理を適当にしてしまうと塗膜がキレイにできず施工不良を起こしてしまうことも考えられます。
木部の塗装はDIYで行うこともできますが、塗装に慣れていない方が行うと
施工不良を起こしてしまうことが多いので注意しましょう。
不安を少しでも感じる方は業者に任せることをオススメします。
■塗膜が劣化しやすい
金属やコンクリートと異なり、木材は有機物で伸縮しやすいという性質があります。
そのため表面の塗膜も同時に伸縮し、劣化が進行しやすくなってしまいます。
気候によって塗膜が伸縮するので塗装に使用する塗料は伸縮性のあるものの方が長持ちするでしょう。
木目を活かすことのできるクリアタイプは、劣化が早まるため
耐久性を重視したい場合はクリアタイプじゃない塗料を選びましょう。
①下地処理
塗装の前に木部に塗装しやすいよう下地処理を行います。
木材用のペーパーでケレン作業をして下地を整えます。
下地をキレイに整えていなければ、整えていない箇所から塗膜が劣化していくので
念入りに下地処理を行うようにしましょう。
②下塗り
木材を塗装する前に、木材の吸収性を抑えるための塗料を塗ります。
この吸収性を抑える塗料を塗ることで、塗膜の耐久性も高くなり塗装が長持ちします。
③仕上げ塗り(2回)
下塗りの後は、見た目となる塗料を塗っていきます。
同じ塗料を2回塗りして耐久性を高めます。
重ね塗りする際は、塗料をしっかりと乾燥させてから塗っていきます。
また、古い塗膜に重ね塗りをする際は同じタイプの塗料を重ね塗りします。

木部に塗装をせずに放置していると、湿気や雨水を吸収してカビや劣化が進行してしまいます。
カビが発生したり、劣化を進行させないためにもきちんと塗装を行いましょう。
また木部の塗装は難しい作業になります(;´Д`)
経験や技術を持った確かな業者に依頼して塗装をしてもらうようにしましょう!!

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552