オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

一般住宅にもアスベストは使用されているって本当?


アスベスト
「アスベスト」は身体に害を及ばす建材として知られています。
そのため現在では建物への使用が禁止されているのですが
古い建物にはアスベストが残っている場合があります(; ・`д・´)!!
どこにアスベストが使用されていたのかご存知でしょうか?
今回はアスベストがどこに使用されていたのかをお伝えしたいと思います。
アスベストは「石綿」と呼ばれている天然の鉱石のことです。
熱に強い性質があるので、それを利用してたくさんの製品に使用されていて
特に建物が火事にならないようにと建物の材料に使用されることが多くありました。
ビルの鉄組に巻き付けられたり、天井や壁の材料などにも混ぜて使用されていたのですが
アスベストは身体に悪いということがわかったのです( ゚Д゚)‥
アスベストは目に見えないほど細い繊維でできていて、とても軽い性質を持っています。
建物を建てる・壊す・修理するなどの際に、目に見えない細かなアスベストが空気中を漂い
それを吸い込んでしまうと20~30年後に”ガン”という病気になることがあるのです。
このようなことからアスベストを使用した建物を建ててはいけないという法律ができました。
現在はアスベストの代わりに身体に害のない建材が使用されています。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、アスベストは一般住宅でも使用されていました(;´Д`)
どこにアスベストが使用されていたのでしょうか。
まず外壁材として使用されていました。
防・耐火性能以外にも、耐震性や耐久性が高く壁体内通気が通りやすいという特徴から使用されていて
次にスレートと呼ばれる屋根材にも使用されていました。
セメントに補強材としてアスベストを混ぜていて、平板状などに成型した屋根材になっています。
また、内装に使用されている石膏ボードにもアスベストが含まれていたとして挙げられていますが
石膏に含まれるアスベストは工事や破損以外で飛散する可能性は低いため
生活を送るうえでは問題ないとされています(*´ω`*)
住まいにアスベストが使用されているかかどうか確認する方法についてお伝えします。
●建材の商品名で検索してみよう
住まいに使用されている建材の商品名がわかっているという方は
メーカーサイトで検索するとアスベストが含まれているかどうかがわかります。
●築年数で調べてみよう
2006年以前の住まいの場合、屋根や外壁にアスベストが含まれている場合があります。
特に2004年以前は屋根材にアスベストが含まれている可能性があるので注意しましょう。
●業者に調査をしてもらおう
住まいにアスベストが含まれているか確認したい際は、業者に調査をしてもらうことが一番でしょう。
建材に関する知識・商品名がわからない場合は、業者に依頼して調べてもらうことをオススメします!!
現在は建材として使用することが規制されているアスベスト。
しかし、法律で使用禁止となる前は多くの建物で使用されていました(; ・`д・´)
アスベストを含んでいる建材が使用されているのか確かめたいという方は
一度業者に依頼して屋根や外壁の調査をしてもらいましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552