オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りの補修に適したコーキング材について知ろう。


コーキング
少し前にコーキングで補修可能な雨漏りの原因についてお伝えしました(^^)
まだご覧になられていない方は今回の記事と併せてお読みください。
雨漏りといっても、その原因や箇所は多種多様です。
コーキング材にもたくさんの種類があるので使用箇所・用途によって
適切なコーキング材を選ぶことが大切になってきます。
今回は雨漏り補修に適したコーキング材をケース別でお伝えしたいと思います。
★シリコン系
キッチンやお風呂などの水周りに使用されるのがシリコン系コーキング材です。
また瓦の補修に使用されることもあります。
安価なのに耐候性・耐久性・耐水性・耐熱性に優れていて、コストパフォーマンスが高いです。
しかし、短期間で剥がれてしまうというデメリットがあるんです‥。
シリコン系コーキング材でオススメの商品はセメダイン株式会社の「8060プロ」!!
剥がれやすいとされているシリコン系の中でも耐久性が高く
それほど技術力がなくてもキレイな仕上がりになるといわれています。
★変形シリコン
変形シリコンは一般的なコーキング材で、汎用性が高い特徴を持っています。
塗装してもしなくてもいいことがシリコンならではのメリットなのですが
価格が高いというデメリットがあります。
オススメの商品はセメダイン株式会社の「POSシール」です。
塗料が定着しやすく防カビ性を備えています。
★アクリル系
アクリル系は現在ほとんど使用されていない水性のコーキング材になります。
水性なので作業がしやすいのですが、肉痩せしやすく耐久性も低いことがデメリットとして挙げられています。
このことから1980年以降はほとんど使用されていません。
★ウレタン系
ウレタン系コーキング材は、主にコンクリートのヒビ割れ補修・木材に使用されています。
弾力性・耐久性・密着性が高きのですが、紫外線に弱いので塗装が必須になります。
オススメの商品は肉痩せがしにくいセメダイン株式会社の「ウレタンシールNB」です。
取り扱いも簡単でスムーズに作業ができることから人気を集めてるコーキング材です。
★ノンブリードタイプ
コーキングの上に塗装をすると黒く変色してしまいます。
この現象のことを”ブリード”と言います。
この現象を起こさないようにしたコーキング材のことをノンブリードといいます。
黒く変色することを防ぎ、キレイな仕上がりにするためにノンブリードタイプを使用することが重要になります。
雨漏りの補修に適しているコーキング材についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?
自分でコーキングを使用した補修も可能ですが、使用する箇所や劣化症状によって
使用すべきコーキング材が異なってくるので業者に依頼して補修してもらうようにしましょう(*´ω`*)
いつまでもキレイで長持ちする住まいを目指しましょう!!

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552