オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

外壁塗装を行うときはカラーシミュレーションが大事!!


カラー
住まいの外壁塗装を検討されている方は、一度カラーシミュレーションをされることをオススメします。
塗装し終わってから「こんな色だと思わなかった‥」などと後悔しないように
業者とよく相談して好みの住まいに合う色を選ぶようにしましょう(*´ω`*)
今回はカラーシミュレーションを行うメリット・デメリットについてお伝えします。
外壁塗装の色を決める際は、色についての基礎知識を知っておきましょう。
色には色相・明度・彩度の3つの属性があります。
どのようなものか説明しますね♪♪
1.色相とは?
色相とは赤・黄色・緑・青などの色合い相違のことをいいます。
色の違いが見ただけでわかり、対象物の印象を大きく左右する要素の一つになります。
2.明度とは?
明度とは色の明るさや暗さなどの違いを表す指標のことで
明るい方が明度が高いということになります。
光を100%反射する白は明度が一番高く、反射しない黒色が一番明度が低いということになります。
3.彩度とは?
彩度は色の鮮やかさの度合いを表す指標のことです。
色味が強いほど彩度が高く、色味の薄い色は彩度が低くなります。
鮮やかな彩度の色は高彩度や原色とも呼ばれていて
彩度を下げると徐々に鮮やかさが減り、くすんだ色になっていきます。
彩度の高い色で外壁塗装を行うと失敗するケースが多いので注意しましょう!!
●イメージがつかみやすくなる
メリットとしてまず挙げられることは、住宅全体のイメージをつかみやすくなります。
パソコンなどを使用してカラーシミュレーションをすることで
様々な外壁塗装のイメージを見ることができるでしょう。
●周りの住まいとのバランスを客観的に見ることができる
マイホームの完成イメージを見るためだけでなく
近隣の住まいとのバランスを客観的に考えやすくすることができます。
近所の住まいとの雰囲気と異なる色を選んでしまうと、周りから浮いてしまう可能性も‥。
このような事態にならないためにもカラーシミュレーションを行い
地域に馴染む色であるかを確認するようにしましょう。
●希望する色を伝えやすい
色の雰囲気を言葉で表すことって難しいですよね。
そのためパソコンでカラーシミュレーションを行っておけば、業者に希望する色を伝えやすくなります。
塗装工事が始まってからイメージが違ってもやり直すことは難しいです。
カラーシミュレーションを利用してイメージをしっかりとつかんでおくことで
外壁をより理想に近い色にすることができるでしょう。
●細部まで再現することが難しい
デメリットとして挙げられていることは、細部まで再現することが難しいということです。
全体的なイメージをつかむことには適しているのですが
窓枠・手すりなどの細部に関しては再現できないことがあります。
●実際の色とモニターに色と全く同じじゃない
モニターの色と実際に外壁に塗装する色は全く同じにならないことがあります。
そのためカラーシミュレーションで見た色がそのまま外壁になると考えると
「思ってた仕上がりと違う」と感じてしまうかもしれません。
カラーシミュレーションは、あくまでイメージをつかむ程度のものだと考えておくようにしましょう。
カラーシミュレーションの大切さについてお伝えしましたが、いかがでしたか?
カラーシミュレーションをするとイメージをつかみやすくなります。
そのためサービスを提供している業者に依頼するようにしましょう(^^)
しかし、実際の色と少し違って見えることもあるので
色見本・自然光の下などでも確認するようにしましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552