オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根・外壁塗装での大切な下地処理~どんな役割があるの?


作業
屋根・外壁塗装を行う上で重要となるのが下地処理です。
この下地処理、どのような役割があるのかをご存知でしょうか?
下地処理は塗装の耐久性を高めたり、屋根や外壁の補修をする際に必ず行う処理です。
屋根や外壁のメンテナンスリフォームにおいて多くの場合は
経年劣化によって既存の塗膜に様々な症状が起こっています(;´д`)!!
トラブルを抱えたまま塗装を行ってもキレイな仕上がりにはなりません。
すぐに剥がれや膨れなどのトラブルが起こってしまうでしょう。
塗料がしっかりと密着して耐久性を高めるためにも
キレイな仕上がりにするためにも下地処理は必須となっているんです。

下地処理の必要性について理解してもらえたでしょうか?
次に塗装における下地処理の主な役割について紹介しますね♪♪
●外観を維持する
塗装で下地処理を行う目的として一番に挙げられることは
キレイな外観を維持するためであるということです。
経年劣化によってヒビ割れは発生しやすいのですが
このヒビ割れが広範囲に発生していると住まい全体の外観を損ねてしまいます。
だからこそ下地処理でヒビ割れを修繕して、美観の悪化を修復する必要があるんです!!
他にも、下地処理によって表面の凸凹を補修することで
塗料を塗った際にムラが生じにくくなりキレイな仕上がりになるというメリットもあります。
●耐久性を高くする
年数が経つにつれ屋根や外壁の表面に汚れ・カビ・コケなどが付着してしまいます。
これらのものが付着した状態で塗装を行っても、しっかりと密着しません。
お金と時間をかけて塗装を行ってもすぐに剥がれてしまうことでしょう。
こうしたトラブルを防ぐためにケレンや高圧洗浄などの下地処理で
表面の汚れを取り除いて塗料の密着性と耐久性を高めるのです。
下地処理を丁寧に行うことでヒビ割れ・剥がれなどの予防にも繋がります。
●雨漏りを防止する
小さなヒビ割れであっても、そこから雨水が浸入することで
屋根や外壁の強度を低下させたりカビやコケの繁殖の原因になってしまうことも考えられます。
また、ヒビ割れの症状が深刻であれば雨漏りトラブルの原因になります。
下地処理を行うことで、ヒビ割れを補修することができるので
雨漏りの効果的な防止策にもなることでしょう。
下地処理の役割についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
塗装の耐久性を高めて、長くキレイな外観を維持するためにも下地処理が重要になります。
信頼できる業者を見つけて依頼するようにしましょう('ω')ノ

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552