オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

サッシの色は場所によって選び方が違うんです!!


サッシ
サッシの色を変えるとき何色にしようかと迷われる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
住まいに馴染む色にするためには、ポイントがあります(*´ω`*)
今回はサッシの色選びで失敗しないためのポイントをお伝えしたいと思います。
サッシの色の変更を検討されている方は是非ご覧ください。
サッシの色を選ぶ際は、周りの壁などとの調和が大切になってきます。
しかしこの他にもトレンドの色・定番の色というものがあるんです!!
現在定番とされている色は下記の5色になります。
★ブラック
★ホワイト
★ブロンズ
★ブラウン
★シルバー
ブロンズとブラウンは同系色としてひとまとめにされることもありますが
土の色に近く明るいのがブロンズで、濃い重厚の色になっているのがブラウンです。
最近のトレンドとなっている色はシルバー系で、どのような壁の色にも相性が良く
彩度の低い色やメタリックカラーなどとも相性がいいとして人気を集めています。
シャープでモダンな雰囲気に仕上げたいという方にオススメの色になります(^^)
サッシの色は外側と内側の2箇所を決める必要があります。
外側は住まいの外観、内側はインテリアに影響するのでそれぞれの雰囲気に合わせて選びましょう。
1.外側(外観視)
外側は基本的に外壁と似た色を選ぶようにすることがポイントです。
外壁が白であればサッシの色も白色にしましょう。
住まいによっては、複数の色を使用した外壁にされている家庭もありますが
この場合は複数の色のサッシを選ぶことができます。
外壁とサッシに合う色がない場合は、どのような外壁とも相性のいいシルバーがオススメです。
白い外壁であっても色味によっては白が浮いてしまうことがあるので
この場合もシルバーにすることをオススメします!!
また、シルバーは手入れしやすいという特徴も持っています。
白や黒は汚れが目立ちやすく、手入れの手間がかかることが考えられます。
外側のサッシを選ぶ際は、見た目ももちろん大切なんですが
手入れの手間についても考えるようにしましょう。
窓のデザインを強調したいという方は、外壁とは違う色を選ぶことで強調することができます。
しかし無理のある組み合わせもあるので注意しましょう。
2.内側(内観視)
外観と同じで住まいのインテリアに合う色を選ぶようにしましょう。
和室やリゾート風の部屋には濃い色を、木目であればどのような部屋とも相性がいいです。
サッシの内側を選ぶ際に覚えておいてほしいポイントが
”窓サッシにはサッシの他に窓枠がある”ということです!!
窓枠もフローリングも自然の木を使用したものだと木目色を選びたくなりますが
木製サッシでない場合はあまりオススメはしません。
自然の木は経年と共に色が濃くなるのですが、サッシの木目は変化しないため不自然になってしまいます。
そのため窓枠の経年変化のことを考えて濃い目の木目色か白色のサッシがいいでしょう。
また、意外と合わないのが同系色になります。
同じ色であれば問題はないのですが、微妙に色が違う場合や素材の違いで光沢があったりすると
この少しの違いが違和感となってしまうので注意しましょう。
サッシの色選びについてお伝えしましたが、いかがでしたか?
今回お伝えしたことを参考にしてサッシ選びを行ってください('ω')ノ
色選びで迷われた際は、自分で決めようとせずに業者に相談してみてください。
きっといいアドバイスをくれるはずです♪♪

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552