オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

タイルには張り替えの時期がある~張り替え時期について知ろう。


タイル
タイルは耐候性に優れているので経年劣化・変色・変質などの心配がありません。
また、高い耐熱性・防火性・防水性もあります(*´ω`*)
そして更には酸やアルカリなどの薬品にも強いので、薬品がかかっても変質しません。
このようにタイルにはたくさんのメリットがあることから
近年採用される方が増えてきているんです♪♪
しかしタイルにも張り替え時期というものがあります。
今回はタイルの張り替え時期についてお伝えしたいと思います。
タイルの採用を検討されている方は是非ご覧ください。
はじめにタイルは経年劣化しにくいとお伝えしたのですが
一度タイルに張り替えたら全く張り替えをしなくてもいいというわけではありません。
張り替え時期の目安とサインは以下になります(^^)
1.寿命がきたとき
タイル自体は劣化しにくいのに張り替えが必要になる理由は
タイルを張り付ける際の接着剤にあります。
接着剤の寿命は10年程度とされているのでタイル自体に問題がなくても
張り付けてから10~15年経過したタイミングで張り替えが推奨されています。
タイルの目地の汚れやカビは寿命の原因とされていて
掃除を怠ると汚れやカビが目地にこびりついて劣化しタイル全体の劣化に繋がります。
このような事態にならないためにも、こまめに掃除を行うようにしましょう。
2.浮きやヒビ割れが発生したとき
タイルは温度差や湿度・地震などの影響によって接着力が弱まってしまい浮きが生じます。
タイルが浮いているということは、いつ剥がれ落ちてもおかしくない状態を指します。
そのため浮きを発見したら早急に張り替えを行わなくてはなりません!!
また、ヒビ割れも張り替えのサインとなります。
ヒビ割れ箇所から雨水などが浸入することでタイル全体の劣化に繋がってしまいます。
少しのヒビ割れだからと放置していると大きな亀裂になってしまう可能性があるので
ヒビ割れを発見したら補修や張り替えを行いましょう。
外壁タイル
外壁は屋外の気温差の影響を受けたり雨に晒されることで劣化してしまいます。
外壁工事は費用が高額になってしまうので後回しにされがちですが
いつ剥がれ落ちてもおかしくない状態のタイルをそのままにしてしまっていると
時間の経過とともにタイルが落下してしまうリスクが高くなってしまいます。
通行人に落下したタイルがあたりケガをしてしまうことも考えられるので
安全性確保のためタイルが浮いていたりヒビ割れしている場合は早急に張り替えを行いましょう。
室内タイル
室内でタイルが使用されやすい場所は浴室です。
浴室は湿度が高いため浮きが生じやすくお湯を使用するので
ヒビ割れたタイルを使用し続けると危険です。
劣化したタイルをそのまま使用し続けているとお湯や湿気がヒビ割れ部分に侵入して
住まいの土台にまで侵食してしまう可能性があります。
湿気に晒された土台は支える力が弱まってしまうので
住まいの強度を弱めてしまったり寿命を短くしてしまう危険があります。
浴室のタイルがヒビ割れしていてもそのままにしてしまう方は多くいらっしゃいますが
住まいの安全のためにも外壁同様張り替えを行いましょう。
タイルの張り替え時期についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
タイル自体は長持ちするのですが接着剤の寿命が10~15年とされているので
タイルの張り替え時期とされています(; ・`д・´)
また、使用状況によっては10年未満で劣化症状が現れることもあります。
劣化をそのままにしていると見た目が悪くなってしまうことはもちろん
タイルの落下にもつながり危険性は高くなってしまいます‥。
劣化しているのを発見したら放置するのではなく、業者に連絡して適した補修を行いましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552