オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

廊下が少ない住まいのプランニングポイントを知ろう!!


プラン
以前、廊下の少ない住まいが増えている理由についてお伝えしましたが
ご覧いただけましたでしょうか?(*´ω`*)
まだご覧になられていない方は是非今回の記事と併せてご覧ください。
単純に廊下を少なくするとしても計画を立てて設計をしなければ
生活に支障をきたしてしまうことが考えられます。
廊下の少ない間取りをプランニングするためには
いくつかのポイントを押さえておく必要があるのでお伝えしたいと思います♪♪
●LDKを動線として活用する
廊下を減らした間取りでは、そのスペースを家族で過ごすLDKに充てることが多いです。
この場合は動線となっていた廊下の役割をLDKが担うことになります。
家族が快適に暮らすLDKだからこそ、不自由のない動線設計を考えましょう。
●LDKとの距離を考えた玄関にする
一般的な間取りは玄関から廊下を通りLDKに入るつくりになっています。
しかし廊下のない間取りの場合、玄関から直接LDKに入ることになります。
廊下だけを取り除いた簡単なプランニングにするのではなく
玄関からのLDKの眺めや少し広い玄関にするなど距離を考えた玄関づくりをしましょう。
●廊下に代わる通路にも機能性を持たせる
廊下のない住まいと言っても移動するスペースは生まれます。
しかし、廊下と同じような空間になってしまうとせっかくのスペースが勿体ないです。
このような場合は、単に移動のスペースとして利用するのではなく
壁側に本棚・収納ラックを設置してみてはいかがでしょうか?
スペースを有意義に使用するための工夫を取り入れてみましょう!!
●階段の位置を工夫する
階段を隅に配置してしまうと2階には端から端まで続く廊下のスペースが生まれてしまうので
廊下のない住まいづくりにおいて階段は中央に配置することをオススメします。
廊下だけでなく階段の位置についても考えましょう。
●トイレの位置を考える
廊下のない間取りの場合はトイレの位置についても考えなければなりません。
家族がくつろいだり来客を招いたりするリビングからトイレが見えてしまう間取りは避けましょう。
洗面所の奥にトイレを配置したり、扉の向きを変えたりして
トイレと生活スペースを切り離す配慮をしましょう。
●断熱性や気密性の高さについて考える
廊下の面積を減らすことで部屋を広くすることができますが
その反面、冷暖房効率を高めなければ快適な室内環境をつくることができません。
窓・サッシの断熱性や気密性を高めることで
広い部屋でも冷暖房による快適さを感じることのできる住まいにすることができるでしょう。
今回は廊下を減らした住まいのプランニングポイントについてお伝えしました('ω')ノ
廊下を減らすことで部屋を広くすることができたり、収納スペースとして活用できたりすると
廊下を減らしたいと思われる方が多くなるかもしれません。
しかし、一般的な住まいには必ず廊下のスペースが設けられてきたことから考えると
廊下独自の役割があるのではないでしょうか。
廊下を減らした住まいにするためには、お伝えしたポイントを押さえたうえで
慎重にプランニングするようにしましょう♪♪

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552