オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

柱傷を自分で補修する方法を知ろう。


柱傷
室内でペットを飼っていると、どうしても家の柱などにキズが付いてしまいます。
持ち家の場合は、そのままにしていても問題はありませんが
賃貸物件の場合は現状回復しておく必要があるので、キズを消す必要があります(*´ω`*)
キズを消すにはリフォーム業者に依頼する必要がありますが
比較的浅いキズは自分で補修を行うことも可能です。
今回は柱傷を自分で補修する方法についてお伝えしたいと思います♪♪
●クレヨンで塗る
浅いキズの見た目だけを改善したいだけなのであれば、補修用のクレヨンで塗る方法があります。
キズ消しクレヨンはホームセンターなどで購入することができ、手軽にキズを隠すことができます。
※100均でも入手することができるようです。
しかしキズがなくなるわけではなく、大きな柱傷には適していません。
少し気になる程度のキズであれば近づいて見なければわからない状態にまで隠すことができるでしょう。
●パテ修理
自分で行う補修作業として一番一般的なものはパテ修理です。
パテ修理はプロが採用する手法のひとつですが
キズの状態や大きさによって補修に使用する材料を使い分けていることが
自分で行う補修とプロの仕事の最大の違いです。
自分でパテ修理を行う際は、どうしても周りの色の違いが目立ってしまうことがるのですが
業者に依頼して仕上げの塗装を行ってもらうことで、まったくわからないレベルの補修が可能になるでしょう。
●カンナ修理
大工さんに補修を依頼した場合、キズが浅ければカンナでキズの周辺を削り落とします。
見た目に問題がなければそのままにして、気になるようであれば薄い木のシートを貼り修理します。
よほど深いキズでない限り、カンナ修理で柱傷を取り除くことが可能です。
しかし自分で行う際は、取り返しのつかない状態になってしまうことがあるので
経験がない方は必ず業者に依頼して修理してもらうようにしましょう。
●埋木修理
埋木の修理は、パテでは防ぐことのできない大きな柱傷を埋める際に行います。
キズや穴がある場所を大きく切り抜いて、同じサイズの木で埋めることで
違和感なく修理をすることができます。
自分で行うこともできますが、表面の修理などが必要になる高度な修理方法のため
この方法も業者に依頼ことをオススメします。
柱傷をしっかりと補修したいのであれば、やはり確かな技術を持った業者に依頼する必要があります。
業者は全てが同じというわけでなく、DIYで補修するのと変わらない技術の業者もいれば
柱傷が全くわからなくなるくらいまで仕上げてくれる業者もいます(; ・`д・´)
重要なことはどこまで修復させたいのかを明確にさせておくことです!!
安さで選ぶのではなく、しっかりと補修をしてくれる業者を選びましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552