オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

空き家ってどのような建物のことなの?


空き家
近年日本中で空き家が問題になっているのですが、ご存知ですか?
誰も住んでいない状態で放置されて、管理されていない空き家は犯罪の温床となることがあります。
そのため国の指導によって解体作業が進められています(; ・`д・´)
今回は問題となっている空き家とはどのような建物を指すのかについてお伝えしたいと思います。
国土交通省が定めた空き家の定義は以下のようになっています。
”空家等”とは、建物またはこれに附属する工作物であって
居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの、その敷地をいう。
(立木その他の土地に定着するものを含む)
ただし、国または地方公共団体が所有しまたは管理するものを除く。
常態については”空家等に関する施策を総合的かつ計画的に実施するための基本的な指針」に記載されています。
居住その他の使用がなされていないことが常態であるとは
建築物等が長期間にわたって使用されていない状態を指して
年間を通して建築物等の使用実績がないことは一つの基準となると考えられています。
国は平成26年11月に空家を放置しておくことで起こる
周囲の被害を未然に防ぐ対策として、特別措置法を施行しました。
特別措置法では空き家の実態調査や所有者へ適切な管理の指導などが定められています。
空き家とは約1年間通して居住者がおらず、全く使用された形跡がない建物のことになります。
以前は空き家であっても立ち入ると不法侵入になるため、敷地に入ることができませんでしたが
特別措置法によって立ち入り調査ができるようになりました。
現在全国での空き家の数は推定1000万戸を超えているとされています( ゚Д゚)
2033年には2000万戸を突破するとされていて、社会問題に発展しつつあります。
空き家にもいくつか種類があります。
●二次的住宅
●賃貸用または売却用の住宅
●その他の住宅
二次的住宅は別荘のような住まいのことを指します。
最近は都内で仕事をする方が職場の近くにマンションを借りて
仕事で遅くなった日のみ利用するというケースが増えてきています。
この場合も居住しているわけではないので空き家としてカウントされます。
賃貸用・売却用の住宅は、将来的に人が住むことが前提となっている住まいのことを指します。
現在売りに出されている住宅や入居者待ちのマンション・アパート、一軒家であっても
利用する人がいなければ空き家となってしまいます。
この賃貸用住宅に関しては人口の減少に伴い、今後増加する傾向にあるとされています。
そして今一番問題となっているのがその他の住宅です!!
誰かに貸し出す予定もなく、転勤などで持ち主が長期不在の状態になっている住まいを指します。
その他にも、地方にある実家を継いだけれど生活の拠点にせず放置しているものも含まれます。
特定空き家とは、長い間放置されて倒壊などの危険性がある空き家のことを指します。
以下に該当するものは特定空き家に指定されることがあります。
●倒壊等著しく保安上危険となる恐れがある
●著しく衛生上有害となる恐れがある
●適切な管理がされておらず著しく景観を損なっている
●その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切
特定空き家かどうかは市町村が認定します。
認定されたら解体・修繕・木の伐採などの指導・勧告・命令などを行います。
特定空き家の持ち主は、その指示に従って適切な対応を行わなくてはなりません。
空き家とはどのような建物なのかについてお伝えしましたが、いかがでしたか?
空き家は放置していても何もいいことはありません。
活用することのない空き家は維持するだけでもお金がかかったり
放置していると強制解体となり、その費用を支払わなければならなくなってしまいます(; ・`д・´)
次回は空き家を解体するメリット・デメリットについてお伝えしたいと思います。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552