オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

水道配管の耐用年数はいつなのか知っていますか?


水道
この前お伝えした「耐用年数」は機械や設備などが安全に使用できる目安であるため
上下水道の配管にももちろん設けられています。
水道管には様々な素材が設けられていて上水・下水の各配管の素材も異なります。
今回は水道配管の耐用年数についてお伝えしたいと思います(*´ω`*)
※耐用年数についての記事をまだご覧になられていない方は併せてごらんください。
上水について‥
上水に使用される配管は主に3つあり、耐用年数は3つとも40年程度とされています。
近年は鉄管が使用されることが少なくなり、ポリエチレン管や塩ビ管などが主流になっています。
●鉄管(銅管) 40年(実使用年数40~70年)
●ポリエチレン管 40年(実使用年数40~60年)
●硬質塩化ビニール管 40年(実使用年数40~60年)
下水について‥
下水に使用される配管は主に2つで、こちらもどちらとも40年程度です。
●ヒューム管(鉄筋コンクリート管) 40年(実使用年数40年)
●硬質塩化ビニール管 40年(実使用年数40~60年)

※実使用年数
厚生労働省が公表している実使用年数に基づく更新基準の設定例の値になります。
水道管はほとんどが地中に埋め込まれているため
普段私たちが目にすることはなく、水道管の劣化状態や不具合を確認することは難しいです。
多くの場合、水道管や水道水に何かしらの問題が起こったときに
劣化に気づき地中を掘り起こして水道管の状態を確認することが多いです。
基本的に水道管には耐久性がありサビが発生しにくい素材でつくられているのですが
年月の経過による劣化は避けることはできません( ゚Д゚)
水道管に起こる問題は主に以下のことが挙げられます。
●水道管内部の劣化による水漏れ(サビや腐食)
●水道管にヒビ割れが生じたことによる水漏れ
●水道管同士を接続するボルトの緩みによる水漏れ
●水道水の凍結で水道管の破裂による水漏れ
耐用年数が過ぎた水道管を使用し続けていると、見えないところで大きな水漏れが起こり
業者による工事も大変になり費用が高額になってしまいます。
また近隣の型にも迷惑をかけることになりトラブルになってしまうことも考えられます。
水道配管の耐用年数についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
耐用年数がす過ぎたものは何かしら問題が現れてくるので
交換工事が必要となってきます(; ・`д・´)!!
水道工事は必ずお住いの地域の「指定給水装置工事事業者」に連絡しましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552