オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

住まいの壁を木目調にする~メリットは何?


木目調
住まいは長く住んでいるとみ飽きてしまいますよね(; ・`д・´)
室内の雰囲気を手軽に変えたいなぁと思った時に、すぐ実現できることがあります。
それはウッドパネルや壁紙です!!
木目調の壁はオシャレなことから人気の高いデザインになっています。
そこで今回は木目調の壁にするメリットについてお伝えしたいと思います♪♪
室内の壁を木目調にするにはウッドパネルもしくは壁紙を使用します。
どちらの方法もそれほど難しい工程ではないのですが
現在の環境に適したものを選んだり、室内の雰囲気によって取り入れるデザインは異なります。
まずは2つの特徴を知ることからはじめましょう。
貼り替え方法① ウッドパネル
ウッドパネルの素材は無垢材・集成材、そしてこれら2つを組み合わせたものなど種類も豊富です。
無垢材は天然の木材で、木材の香りや温もりを感じることができる他にも
異なる木目もインテリアの一部として楽しむこともできます。
また、空間演出だけでなく防音効果・調湿効果・断熱効果にも期待でき
機能性のある住空間を作り上げることができます。
集成材は無垢材と比べると木材そのものの香りや質感はありません。
しかし強度や品質が安定しているので使用しやすく、統一感のあるインテリアに仕上げることができます。
ウッドパネルは両面テープ・ボンド・ビス・釘などを用いて壁に取り付けます。
使用するパネルや素材に合わせて適したものを選ぶ必要があります。
貼り替え方法② 壁紙
基本的に賃貸物件では借主が部屋の内装を勝手に変えることはできません。
入居時の条件として設備の破損及び内装にキズをつけたり汚したりした場合は
借主が現状回復を行うことが義務付けられています。
しかし、賃貸物件の方にオススメなのが壁紙を用いたプチリフォームになります。
この方法であれば比較的に簡単にリフォームを行うことができ、現状回復する必要もありません。
賃貸住宅で壁紙リフォームを行う場合は、現状回復をしなくてもいい
キレイに剥がすことのできる壁紙を使用しましょう。
また、壁紙をホチキスでとめる方法も有効です。
ホチキスや画鋲などの小さな穴は現状回復の範囲には含まれていませんが
気になるという方は貸主に確認しておくことをオススメします。
上記で壁を木目調にする方法をお伝えしましたが、どちらの方法にも共通するメリットは
室内の印象をガラリと変えることができオシャレな空間にしてくれるということです。
壁一面に貼りつけることはもちろん、部分的に貼り付けるとメリハリが生まれて
アクセント的な役割も果たしてくれることでしょう。
凸凹のあるデザインのウッドパネルに、間接照明を組み合わせると
陰影効果で更にオシャレな空間を演出できます♪♪
木目調のデザインにも様々な種類があるので部屋の雰囲気に合わせて
自由にコーディネートを楽しむことができるでしょう。
はじめにお伝えしたように無垢材は天然の木材にしかない魅力を持っています。
様々な表情を楽しむことができる木目や、年月と共に飴色に変化する
天然素材ならではの経年変化を楽しむこともできます。
調湿性にも優れているので、湿気の多い日は水分を吸収して乾燥した日は水分を放出するので
室内を過ごしやすい環境に整えてくれます。
日常生活においては、夏は涼しく冬は暖かく過ごせる断熱性に優れている点もメリットですね。
住まいの壁をウッドパネルにするメリットについてお伝えしましたが、いかがでしたか?
ウッドパネルを使用してオシャレなインテリアを楽しみましょう('ω')ノ
賃貸物件の方は賃貸物件向きの壁紙や糊を用いて貼ってみましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552