オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

居ぬき物件・スケルトン物件って一体何?


店舗
店舗の形態や持っている理想によって適した物件は異なります(; ・`д・´)
はじめの物件選びは重要となるので、これからお店を始めるという方は慎重に選ぶようにしましょう!!
店舗のリフォームやリノベーション費用は居抜き物件かスケルトン物件かでも異なります。
そこで今回は居ぬき物件とスケルトン物件がどのようなものなのかをお伝えしたいと思います。
居ぬき物件は、前のテナントが営業していたままの内装・設備が残っている状態の物件を指します。
内装費や設備費などの費用を抑えて店舗を構えることができます。
ほとんど工事をしない場合は、すぐに営業をはじめることができるでしょう。
居ぬき物件では間仕切りを取り払うなどの新たな工事はリノベーションの部類になりますが
残っている内装や設備を修繕するなどの工事はリフォームの部類になります。
求めている物件の条件と違うものを選んでしまうと
既存の内装や設備を全て撤去・解体したうえで新たに間取りを設けることになるため
「撤去・解体」の工程が追加されその分費用がかかってくるので注意しましょう。
スケルトン物件は、間仕切りや壁紙クロスなどが何もない状態の物件です。
メリットは間仕切りなどが何もない状態なので、思いのままに間仕切りを設けたり
自由なレイアウトを表現できるという点です。
全てゼロからつくることができるため、こだわりのある内装デザインやレイアウトがある際は
スケルトン物件を選ぶことをオススメします。
スケルトン物件での工事はリノベーションの部類になります。
思い描いたレイアウトが実現できるのですが、デメリットもあるんです。
それは使用する材料が多く、工程も増えてしまうので費用が高額になってしまうという点です。
居ぬき物件とスケルトン物件についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
店舗を構える際の物件選びは、どのような業種で開業を考えているのか
そのようなレイアウトにしたいのかなどから選ぶべき物件が異なってきます。
理想の店舗にするための方法はいくつかあり、それによって費用に差が出てきます(;´Д`)
予算内で理想とする店舗にできるようにしっかりと検討するようにしましょう。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552