屋根に上ってみたところ板金の釘が浮いていました。金槌などで打ち込んでおけば問題ないですか?


  • その他の工事
 この前、久しぶりに屋根に上ってみたところ、板金の釘が浮いていました。これは金槌などで打ち込んでおけば問題ないですか?
街の屋根やさんからの回答
 ご質問いただき誠に有難う御座います。

 板金の内部には、板金を固定する為に貫板が基礎として入っています。貫板が劣化していると釘を打ち込んでも利かない場合が御座います。利く場合は打ち直し、ビスネジで釘と釘の間に増し打ちを行う事で強度が保つ事が出来ますのでお勧めいたします。

 釘が利かない場合は、貫板の交換が必要になります。板金をすべて取り外す事になりますので、板金と貫板の交換になります。同じ時期に取り付けられた物になりますので、部分的に交換を行うのではなく、全体的交換を行う事をお勧めいたします。

 板金の状態を調査にお伺いさせてください。状況をご確認し工事のご提案をさせていただければと思います。

  • その他の工事
屋根材によって雪の溶け方、落ち方に違いはありますか?
屋根材によって様々御座います。

  • その他の工事
ホームページに「点検無料」という表記。どこまでが無料?
基本的な調査は無料で承らせていただいております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552