オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市堅田町、店舗R様邸、セメント瓦から立平葺きに葺き替え工事


工事のきっかけ

大津市堅田町で

葺き替え工事をおこなってきました。

去年の台風21号の被害でセメント瓦がかなりの枚数飛散、破損しているので葺き替えする事になりました。

既存はセメント瓦が葺いてあるのですが撤去して金属のスレート瓦に乗せ換えます。

大津市 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
既存瓦
horizontal
after
完成

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
3日
使用材料
立平333
施工内容その他
築年数
築10年
保証年数
工事費用
建坪
ハウスメーカー
大津市堅田町、店舗R様邸

葺き替え工事をおこなってきました。

去年の台風21号の被害でセメント瓦がかなりの枚数飛散、破損しているので葺き替えする事になりました。

既存はセメント瓦が葺いてあるのですが撤去して金属のスレート瓦に乗せ換えます。
既存瓦
所々、養生テープを貼って応急処置をしています。

幸いまだ雨漏り等は起こしている所はありませんでした。


解体
既存の瓦を解体していきます。




昇降機
解体した瓦を昇降機で下に降ろしてトラックに積み込んでいきます。
トラック
2tトラックがパンパンになりました。

1回じゃ乗り切らないので、何回かにわけてゴミ屋さんに運搬します。

タイヤが沈みかけていました。
解体後
解体後です。

ブロアーで屋根の上のホコリやゴミを落としていきます。
タルキ
古くなった下地の上に新しい下地を作る為にまずはタルキ(屋根を構成する屋根野地板を支える構造材)を屋根に向かって縦に流していきます。

この垂木がないと屋根面に凹凸ができ屋根を真っすぐ葺く事ができません。

また屋根面が歪んでしまうので雨漏りの可能性もでできますしちょっとした風でも屋根が壊れやすくなります。

野地板貼り
垂木をうち終えたら次はコンパネ(構造用合板)を貼っていきます。

垂木下地を狙ってエアーガンで均等なピッチで釘を打っていきます。

ガイドラインで定められている外周100mm中間部150㎜ピッチでしっかり止めていきます。
野地板完成
コンパネ貼りが完成しました。

古かった屋根下地が蘇りましたね!

今回、針葉樹の構造用合板使用しました。

針葉樹合板は(ラーチ合板)とも呼ばれていて住宅では、屋根、壁、床に使われていて日本の一般住宅ではほぼこの合板が使われています。

昔はラワンが一般的的でしたが施工のしやすさと、低コスト材料の為に針葉樹が普及しました。
ルーフィング
そして屋根の命とも言える屋根防水の必需品のルーフィングを貼っていきます。

ルーフィングは厚み約1mのシートなのですが野地板への雨の侵入をしっかり防いでくれます。

一般住宅で最も相談が多いのは屋根、壁からの雨漏れです。

この雨漏れを防ぐ為の重要な役割を果たすのがルーフィングです。

ルーフィングには透湿系と非透湿系があります、透湿系は湿気は通すが雨は通さない優れものです。しかしコストが高くあまり世間に浸透していません。

非透湿系は湿気も雨も通しません、とにかく防水命といった材料です。種類も豊富で価格も透湿系に比べれば低価格なものあるので現代では95%程のシェアをほこっています。

今回使わせて頂いた材料は改質アスファルトルーフィングと言う、アスファルトルーフィング940のグレードアップ版です。
止水性や耐久性が高い為現在、最も推奨されている材料です。
材料上げ
屋根材をあげていきます。

7m近くある大物だったので3人かかりであげました。

ユニック車であげれたらよかったのですが、地面から屋根までの距離が離れていて、手上げする事になりました。
役物
軒先、ケラバに流れてきた雨を下へ流す唐草という板金の役物をつけていきます。

この時ポイントとなるのは下地のコンパネを破風より少し出してあげる事で、伝ってきた水が破風裏に回らないようにする事が大事です。

コンパネの出がなく破風にペタっと唐草を付けてしまっては雨が破風にジャバジャバとあたってしまい劣化する原因となります。
本体貼り
唐草を付け終わったら、本体を葺いていきます。

立平葺きの時注意しないといけないのは、屋根割りを気にせず一方方向に葺いていくと最後の一枚の屋根材が短かったり、長かったりすると全体の景観を損ないます。

屋根の真ん中で寸法を取って均等割で葺いていく事が仕上がりをキレイに見せるポイントです。
棟下地
本体が葺けたら、棟の雨仕舞をしていきます。

まず下地の木材を打っていきます。

寸三(35×35角)を棟の野地板に打っていきその上に貫板を打ち付けていきます。
木下地
実際に棟に被せる板金をあてながら屋根のセンターと棟板金のセンターが真っすぐ揃うように下地を打っていきます。

棟板金は屋根の一番上の三角になる部分、屋根材と屋根材の切れ目を防ぐ為の板金です。

これがないと一番高い所から雨がだだ漏れになってしまいますので非常に重要です。

完成
棟の施工が終われば工事完了です。

今回は、半面だけ葺き替える特殊な工事でしたキレイに収まりました。

立平屋根は昔は店舗などで使われる事が多かったですが耐震などを気にして軽量の金属屋根を使う一般住宅が増えてきています。

興味のある方は是非

街の屋根やさん滋賀湖南店までお気軽にご相談ください。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大津市追分町にて去年の台風21号で瓦が破損した為に修繕工事

ビフォー
アフター
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
漆喰詰め増し
使用素材
三州瓦
築年数
50年
建坪
保証
工事費用
65万円
施工事例

甲賀市甲南町にて老朽化の為に和瓦から和瓦への葺き替え工事

ビフォー
完成
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根葺き直し
使用素材
三州瓦
築年数
50年
建坪
保証
5年
工事費用
120万
施工事例

東近江市S様邸、屋根老朽化の為にスレート瓦に葺き替え工事

ビフォー
IMG_1048
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
カラーベストコロニアルグラッサ
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
210万

同じ地域の施工事例

施工事例

大津市にてトイレの壁が腐食していた為にトイレ交換・内装壁改修工事

施工前
完成
工事内容
雨漏り修理
防水工事
その他塗装
使用素材
INAX
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
約55万円
施工事例

大津市追分町にて去年の台風21号で瓦が破損した為に修繕工事

ビフォー
アフター
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
漆喰詰め増し
使用素材
三州瓦
築年数
50年
建坪
保証
工事費用
65万円
施工事例

大津市追分町にて棟板金が去年の台風21号で飛散した為に補修カバー工事

貫板
完成
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金
築年数
35年
建坪
保証
工事費用
10万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋

本日は彦根市小泉町にお住まいのお宅の屋根から雨漏れを起こしている為に現場調査をおこなってきました。2年前の大型台風時の頃からキツイ雨が降ると雨漏れするようになったそうです。最近は朝晩と秋の訪れを感じさせる冷たい風がふいていますのでくれぐれも...........

昇降機

本日は以前に現場調査をした京都府山科区西野山のお宅のK様邸の屋根改修工事をおこなってきました。火災保険を使っての工事になります。次の大きな台風までに仕上げてしまいたいので人数を入れて急ピッチで工事をさせて頂きました。最近は朝晩が涼しくて秋の...........

中継場

本日は彦根市高宮にある某運送会社の中継場のテント屋根を折版屋根に改修できないか?とお問い合わせを頂きましたので現場調査をおこなってきました。本日は最近では久々の夏模様で日差しがきつく、今日はとても暑くなりそうです。外に出られる方はしっかりと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552