オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下屋(げや)が建築される理由について


下屋(げや)とは、母屋から差し出して造られた屋根のことを指します。
つまり、メインとなる屋根よりも1段下げた位置に建築されている片流れ屋根や
その下にある空間のことを言います(*´ω`*)
今回は下屋が建築される理由についてお伝えしたいと思います。
下屋根
下屋にはいくつか種類があります。
例えば二階建ての住宅であれば、一階部分に建てられている
屋根やポーチや物置として利用されているもの、縁側に設置されているものが挙げられます。
このように下屋は、メインの屋根とは別に一階部分の一部をカバーする形で利用されていて
最初から建築されていない場合でも増設することが可能です( ゚Д゚)
そして下屋はメインの屋根と比較すると小さく建てられることもありますが
必ずメインの屋根よりも小さくしなければいけないというわけではありません。
ただ下屋をどのように建てるのかによって、住宅の外観が大きく変わるため
見た目を考える上で重要なポイントであることを理解しておきましょう!!
下屋が建築される理由としては、まず床面積・施工面積などの住宅の広さを調節するためです。

●一階部分が大きくなりがちのため下屋で一階を広くする
住宅を建てる際には、二階よりも一階の方が大きくなりがちで
それぞれの階の大きさなどのバランス調整が難しくなってしまいます・・
このような場合に下屋を利用すると、見た目やバランスを調節することができます。

●高さ制限をクリアするため
その他に、住宅を建築したくても高さ制限が厳しい土地では高い住宅を建設できないこともあります。
低層住居専用地域などが挙げられますが、このような地域では条件をクリアするために
手段として下屋が利用されることがあります。
下屋を利用したほうが、普通に屋根を利用するよりも高さ制限に引っかかりにくく
高さ制限の他にも、コンパクトな土地に住宅を建てる際に利用されています。
今回は下屋が建築される理由について紹介しました。
上記のように下屋を建設する理由には様々なものが挙げられ
それを踏まえた上で下屋を上手に
活用できる住宅であるかどうかを見極めていくことが重要だと考えられています('ω')ノ
下屋のメリット・デメリットについてはこちらをご覧ください。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます('ω')ノ


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552