オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

なぜ外壁にコケが生えるの?その原因とは・・


家の顔となる外壁は建物全体のイメージを大きく左右します(; ・`д・´)
日々紫外線・雨・風など過酷な自然環境に晒されている外壁はダメージを受けやすくなっています。
その中でもコケが生えてしまうと、美観が損なわれ古い建物の印象を与えるだけでなく
建物全体の劣化も早めてしまうのです・・。
今回ははなぜコケが生えるのかその原因についてお伝えしたいと思います。
外壁のコケ
コケが生える原因の一つは、風によって飛ばされてきた植物の胞子が外壁に付着したことです。
外壁に使用されている塗料には有機物が含まれていて
その有機物を養分にして胞子が繁殖してコケが生えてしまいます。
そのため都会よりも、胞子が飛んできやすい
自然豊かな環境の建物の方がコケの被害を受けやすくなってしまいます。
しかし都会の建物でもコケの被害を受けないとは限りません!!
日あたりが悪く湿気の多い場所や、隣家との距離が近く風通しの悪い建物も注意が必要です。
また上記のような地域性の問題だけでなく、外壁の防水材が劣化しているケースもあります。
防水性が弱くなることで外壁の含水率が高まりコケが発生しやすい環境ができてしまいます(>_<)
発生したコケを放置しているとどんどん繁殖して、外壁の防水機能を劣化させます。
防水機能を失った外壁にヒビ割れが生じると雨水が浸入してしまい
建物全体を蝕んでいきますので、被害が大きくなる前に落とすようにしましょう!!

コケの洗浄方法としては、2~3ヶ月に1度塩素系の漂白剤の原液を
2~3倍に薄めたものをコケにかけて、ブラシやスポンジでこすり洗いをしましょう。
しつこいコケには高圧洗浄機もオススメです。
どちらの方法も強く力を入れすぎると外壁の塗装が剥がれたりするので注意してください。

コケが広範囲に生えてしまっている場合や劣化が目立つように感じる場合は
業者に洗浄や外壁の塗り替えを依頼しましょう。
10年に1度を目安にして、外壁のメンテナンスを行うと修理費用を抑えることができます。
コケの原因は建物が建っている立地に大きく関わってきます。
河川や森林などの近くに住まいがある方は、コケの被害を受けやすいです(T_T)
そのため適切な頻度で適切なメンテナンスを行うようにしてください。
コケによる汚れは自分でも対処できますので、外壁チェックをしてコケを見つけたら
すぐに洗い落とすようにしましょう。
こまめな点検とメンテナンスで、いつまでもキレイな住まいにしてください♪♪


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます('ω')ノ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552