オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁に発生するコケは放置すると危険!!


外壁・屋根が緑色のコケで覆われてしまうと
新築から数年しか経っていない住宅でも、長い間手入れされずに老朽化した
建物のように見えてしまいます( ゚Д゚)
コケの発生は、すぐに塗り替えが必要という緊急性はありませんが
発生を突き詰めてみると重大な劣化が潜んでいる場合もあるため油断はできません!!
今回はコケの特徴についてお伝えしたいと思います。
外壁のコケ
コケは「コケ植物」の一種で「蘚苔類(せんたいるい)」に分類されます。
盆栽や日本庭園の世界では神秘的な見た目から観賞用に親しまれているコケですが
建物に発生してしまったコケは、美観を損ねるばかりか
耐久性にも悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。
コケの発生を拡げてしまわないためにも
コケの発生原因やどのような悪影響を及ぼしてしまうのかを知っておきましょう!!
コケは湿った岩・地面・木・外壁・屋根など様々な場所に生息できる生き物です。
少しの栄養分と湿気さえあれば、水分の吸収と光合成によって成長していきます。
また、一度根を張ってしまったら枯れて弱ってしまうことはあっても
剥がれ落ちずに外壁表面に溜まり、日光や湿度が再び当たれば
元に戻るという非常に高い生命力を持ち併せています(;´Д`)
【藻やカビとの違いとは?】
外壁表面が緑になっていたとしても、それがコケとは限らず
藻やカビだという可能性も考えなくてはなりません
その理由は、藻やカビはコケとは繁殖方法・発生条件が異なりますので
除去や予防においても別のアプローチが必要になってくるからです
藻とコケは同じ植物ですが、カビは菌類です
カビは日光があたらない外壁に発生するという特徴があります
藻については、基本的に水分が豊富な場所で光合成が行えなければ繁殖することができませんが
コケは少しの光でも成長することができるので、水分量と日の当たり具合で見分けることができます
コケは発生してもすぐに悪さをするわけではありませんが
長い間放置してしまうと、大変な事態になってしまうことがあります・・
「コケくらいなら大丈夫」と判断するのではなく
ナゼ、コケが発生してしまったのかを業者に点検してもらい原因を調べることをオススメします。

1.コケは美観を損ねてしまう
コケが発生してしまった外壁や屋根は、表面が緑色で覆われてしまいます
また、コケは水分が多い箇所に繁殖するので
窓サッシ・換気口の下など、雨が流れ落ちる箇所にコケは繁殖しやすくなります
このような状態のまま、水洗いせずに放置してしまっていると
雨だれとコケの両方が筋を作ってしまい、建物は一気に老朽化した感じになってしまいます
2.コケは防水性の低下のサイン
コケ自体が塗膜や外壁を傷めることはありませんが、コケが発生しているということは
その部分の水はけが悪くなっていると考えられます
外壁の塗料は防水性を持っていますが、紫外線を浴び続けたり
水はけが悪い箇所に放置されたりして経年劣化と共に防水性も低下していきます
コケが発生してしまっている箇所は、塗膜が劣化していることが考えられるので
塗装工事を行うことを検討してみましょう
コケは建物の見た目を悪くするだけでなく、外壁の劣化の兆候でもあります。
そのため早めに塗り替えを検討するようにしましょう。
また一度広がったコケを完全に落とすことは大変なので
業者に依頼して、使用されている外壁材に適した方法できちんと
根っこから除去してもらうようにしましょう('ω')ノ


住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552