オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

満足する内装リフォームにする~押さえておきたいポイント~


以前内装リフォームでできることを紹介しました。
フローリングや壁紙の張り替えだけでなく、色々なことができることを理解してもらえたかと思います。
内装リフォームは色々なことができる分「どこまでやるのか・何をするのか」を考えて行うことが大切です。
今回は内装リフォームを行う際に気をつけるべきポイントを紹介したいと思います(^^)
オシャレな内装
1.部分的なリフォームよりもまとめてリフォームを‥
ある程度の築年数になると家のあちこちで劣化現象が起こりますが
均等に劣化するわけではありません。
よく使用する・重たいものを置くなどしている箇所は傷みやすく
水周りなど常に湿気が多いとされる箇所も傷みやすいです。
リフォームには、部分的なものと全体のリフォームがあり
特に傷みが目立つ部分だけを直すこともできます。
しかし部分リフォームの場合は、目立つ部分を直しても
またすぐに別の部分が傷んでしまう‥という場合もあるでしょう。
そのため部分リフォームは、全体のリフォームよりも高くなることがあるので
リフォームを行う際は、水周り・フローリングなど一括して行うことをオススメしています。

2.耐震性について考える
2✖4住宅(ツーバイフォー)などは、壁で屋根を支えることで耐震性を高めています。
そのため内壁を壊すと耐震性が低くなることもあります。
収納スペースを増やす・間取りを変更する場合は、業者によくそう相談するようにしてください。
必要なら耐震診断を受けるようにしましょう!!

3.季節を考える
内装リフォームは、家に住みながら工事を行いますので
リフォーム中は部屋の一部が使用できなかったり、冷暖房が使用できなかったりします。
お風呂などの水周りをリフォームする場合も使用することができないため
夏や冬にリフォームを行うと大変かもしれません。
オススメは、冷暖房を使用しなくてもいい春や秋がいいでしょう。
しかしこの時期はリフォームの依頼が多く、すぐに対応してもらえないこともあるでしょう。
このような事態を避けるためにも、家の傷みが深刻になる前に計画を立てるようにしてください。

4.リフォームについては家族全員で話し合いをする
リフォームを行う際は、家族全員で話し合いをして皆の意見を聞くようにしましょう。
ひとりの意見だけでリフォームをすると、暮らしにくい家になってしまいます。
また「安い」というだけで決めてしまうと、すぐに不具合が生じてしまうこともあるので
水周りなどは、なるべく妥協せずにいいものにしましょう。

5.自然素材を使用したリフォームを‥
現在の家は多くの化学物質が使用されています。
化学物質を使用することで、安価でキレイな見た目の内装にすることができます。
しかしその反面‥シックハウス症候群など新しい病気で苦しむ人が増えました。
そのためリフォーム素材を選択する際は
漆喰や無垢材などの自然素材を取り入れることを考えてみてはいかがでしょうか。
今回は内装リフォームする際に押さえておきたいポイントについて紹介しました。
部分的にリフォームを行うよりも一括で全体のリフォームを行うほうが
お得なことがあるので、まとめてリフォームを行うことも考えてみましょう(*´ω`*)
今回の記事を参考に満足のできる内装リフォームにしてください!!



住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552