オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

重要な屋根勾配のポイントについて知ろう。


勾配
住まいを建てる際に、しっかりと考えてほしいことがあります。
それは屋根の勾配についてです(; ・`д・´)
屋根づくりにおいて素材選びとともに、勾配の度合いと屋根の形がとても重要となります。
今回は屋根の勾配についてポイントをお伝えしたいと思います。
毎日屋根は日差し・雨風などから住まいを守ってくれているとても大切な部分です。
そして、とんがり屋根や大屋根など屋根は建物の外観イメージづくりにも大きく影響します。
そのため住まいを建てる際にはどのような屋根にするかは
住まいの性能とデザインの両方から見てとても重要なことなのです。
屋根づくりには屋根材選びや形状をどうするのかなどポイントがいくつかあります。
一般的な屋根材は瓦・スレート・ガルバリウム鋼板などがあります。
これらの屋根材はそれぞれの質感や色のバリエーションが異なることから
どの屋根材を選ぶかで住まいの印象が決まります。
また、屋根の面積が大きいほど屋根の印象が強くなるでしょう。
屋根の印象が強くなることでデザインのバリエーションも広がりますね♪♪
その屋根の面積は勾配によって決まります。
屋根勾配とは、屋根の傾斜角度のことを指します。
傾斜があることで雨水を流すことができるので、どのような屋根にも勾配は欠かせません!!
屋根勾配は防水という基本的な性能を維持するうえで非常に重要な要素ですが
屋根材によって適切な勾配が異なってきます。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
屋根勾配についてどうしようか迷ってしまったときは、3寸勾配がオススメです。
6寸勾配が急勾配・3寸勾配以下が緩勾配になります。
3寸勾配以上であれば、雨水が溜まり雨漏りに繋がる可能性は低くなるでしょう。
耐風性もあり見栄えもいいでしょう(^^)
なんといっても多くの屋根材を使用することができるのがメリットです。
新しい屋根材に葺き替えすることを考えると容易に対応することができるでしょう。
勾配の他にも住まいの立地条件・環境も勾配やデザインを決める際のポイントになります。
例えば都市部の斜線規制がある地域では、決められた斜線の範囲内に建物をおさめなければなりません。
一般的に北側が規制されるのですが屋根の両側を同じ勾配にしてしまうと建物の容積が取れないことも‥。
この場合、屋根の形状を片流れにして容積を確保する方法があります。
また積雪地域では屋根に積もった雪が自然に落ちるようにするしかないので屋根勾配が違ってきます。
太陽光発電システムを設置する際は、設置できる勾配なのかの確認が必要になります。
いかがでしたか?
このように住まいづくりには様々な条件が関わってきます。
こだわりのあるマイホームにするためには、いろんな勾配や形状に対応することのできる
屋根材を選ぶことが大切になってくるでしょう。
迷ってしまったら耐久性が高くデザイン性に優れたガルバリウム鋼板を選びましょう('ω')ノ

住まいのことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552