オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

雨音気になりませんか?~屋根の雨音を軽減する方法について。


雨音
住まいの屋根の雨音がうるさくて気になるという方はいらっしゃいませんか?
問題と解決する方法として瓦などの遮音性に優れた屋根材にすることが挙げられています。
しかし、耐震性のことを考えると瓦屋根にすることを躊躇してしまいますよね(;´Д`)
今回は雨音を軽減させる方法をお伝えしたいと思います。
雨音が気になっているという方は是非ご覧ください♪♪
①音を軽減することができる下地を入れる
屋根裏に断熱材を入れると雨音を軽減する効果を期待することができるでしょう。
建物の断熱性を向上させることが目的の素材ですが
音を吸収したり振動を抑えたりする副次効果があるものもあります。
もう既に断熱材を取り入れていても、新しい断熱材にすることで効果が変わるでしょう。
雨音の原因は屋根裏以外にも考えられることがあります。
それは壁の遮音性能がしっかりとしていなくて
外の音が屋内に抜けてくるというケースも考えられます。
②制振材の裏打ちを行う
振動を吸収緩和する制振材を裏打ちする方法です。
金属屋根の庇部分に施工すると効果に期待することができます。
金属屋根に雨があたり音が響くのは薄い・軽い・剛性が高く素材として振動しやすいからです。
その振動を抑えて伝播することを防いで反響振動音を伝えにくくすることが制振材の役割になります。
③防音効果のある塗料で塗装をする
防音効果のある塗料で塗装をする方法もあります。
最近は、塗膜表面をセラミックで覆うことで表面積を増やして音を反響させ
内部への侵入を抑えつつ振動が伝わるのを防ぐといった機能を持つ防音塗装が開発されています。
④カバー工法で屋根工事をする
カバー工法は既存の屋根に新しい屋根材をかぶせる工法になります。
そのため屋根が二重構造になり遮音性が高くなり雨音効果にも期待することができます。
古い屋根材を撤去する必要がないので費用を抑えたり工期を短くしたりすることができるでしょう。
屋根の雨音を抑える方法についてお伝えしましたが、いかがでしたか?
大掛かりな工事をしなくてもいくつかの対策があります(*'ω'*)
特にカバー工法は既存の屋根の上にガルバリウム鋼板を重ねることで
雨音対策以外の利点も多くなってきています。
雨音にお困りの方は今回紹介した対策を検討することをオススメします。

住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ不安を取り除きます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552