オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

地震後の屋根確認~あなたのお家は大丈夫?


ここ日本は地震が良く起こる国とされていましたが・・
近年驚くほどに、地震発生率が増えています( ゚Д゚)
地震が発生したら、まず避難や身の安全確保を最優先に行ってください。
そして、安全確保ができ後に心配になってくることは住宅のことかと思います。

今回は、地震などの災害が発生した時の対応方法についてお伝えします!!
地震による倒壊
地震が発生した後にまず、確認していただきたい項目があります。
■雨漏りを引き起こしていないか
■太陽光パネルを設置している住宅は、太陽光パネルに異常が起こっていないか
■屋根の状態を確認して、躯体などに問題がないか細かく確認
■明らかな被害が発生している場合はすぐに業者に相談する
一見、どこにも被害が及んでいないと思っていても
目の届かない内部に不具合が起こっていることもありますので
少しでも不安を感じるという方は業者に点検依頼をすることをオススメします。
地震などの災害の際に、倒壊してしまう多くは古い住宅です。
古い住宅は1981年の築38年以前のことを指します。
ナゼ、1981年以前の住宅が倒壊の恐れがあるのかと言うと
耐震基準の大きな改正が行われたからです。

住宅の耐震性のカギを握るのは骨組み・構造!つまり躯体の強さなのです。
耐震性が低い=躯体の耐震性が足りない
躯体が弱ければ、軽い屋根材を採用しているにも関わらず倒壊する可能性があります。

また古い住宅には瓦が採用されていることが多いです。
ニュースなどの映像で瓦が散乱しているのを見たことがあると思います。
瓦を屋根に取り付ける方法はいくつかありますが
昔は「土葺き」と言われる方法で瓦を取り付けていました。
※「土葺き」についてはコチラをご覧ください
瓦は他の屋根材と比べると重いです・・
そして昔の住宅は耐震性が高くないため、重量のある瓦を屋根に固定してしまうと
倒壊のリスクが高まることからあえて落下しやすい設置方法を採用しています。
つまり現在の屋根のように軽い屋根材がしっかりと固定されているわけではないので
地震・余震で瓦が滑り落ちてくる可能性が高いのです。
地震による揺れが原因となり、住宅が歪んでしまうことがあります。
一見どこにも問題がなさそうで安心して過ごしていたら
いきなり雨漏りが発生してしまう可能性があります。
大きな地震の後には、必ずと言っていいほど起こる余震・・
余震が起こるたびに屋根にも躯体にも大きな負担がかかり、隙間や歪みが生じます。
雨漏りが起こってしまう原因は、屋根材の下にあるルーフィング(防水シート)の劣化や
穴や隙間からの侵入など実に多様です(; ・`д・´)
住宅が揺れにより歪んでしまうと雨漏りの原因になることがあるので
地震の後は注意深く確認する必要があります。
今回は地震が発生した後に確認する箇所・注意してもらいたいことをお伝えしました。
地震大国の日本で暮らしていくには、耐震性が高い住宅にする必要があります。
1981年以前の住宅にお住まいの方は、一度耐震リフォームを検討されてはいかがですか。
耐震リフォームと言っても何からしたらいいかわからないと思います('Д')
まずは自分で簡単に行える住宅チェックがあるので
一度チェックしてみて12項目中、該当するものが8つあれば考えてみましょう。

何か住宅のことでお悩みを抱えている方は、一度お気軽にお問合せください!!
街の屋根やさん 滋賀湖南店は、すぐに駆けつけ、不安を取り除きます('ω')ノ
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀湖南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-808-552